具だくさんの振る舞いきのこ汁、いただいた!


by ぴーかん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ハンドルキーパー

(2013.4.22)

 昨日日曜日、朝目覚めると一面の雪景色でした。積雪は5cmくらいだったでしょうか。この時期にこの積雪とあって、もうすでにスタッドレスタイヤをはき替えてしまったのでちょっと慌てました。
 でも水気を含んだ重い雪なので、ひんぱんに車が走る時間帯になれば、簡単に溶けるのは目に見えていました。

 本日のランチは、女房と行きつけの店で好きなラーメンをいただき、その後は上田までドライブにでました。

 この雪の中、恒例の長野マラソンが実施されていて、途中松代町ではランナーたちと併走する場面もありました。車の窓越しにスマートフォンで撮影した動画のワンカットです。

f0186275_16374241.jpg


 上田では「福無量」という銘柄の日本酒の試飲会が行われていました。わたしはハンドルキーパーの役目を仰せつかり、試飲は女房にまかせました。

f0186275_16381573.jpg


 会場ではまず、無料の「粕汁」をいただきました。ほかにも酒を使用した菓子類だとか奈良漬けなどの無料試食サンプルを味わうことができました。

f0186275_1638262.jpg


 試飲会場の風景です。ざっと、8種類ほどの酒を試飲できます。試飲するには受付で、500円の盃か1,000円の一合桝を購入する必要があります。

f0186275_16385056.jpg


 この酒蔵の最高級品「大吟醸(5,000円/升)」を試飲するには、別に一杯100円を支払います。さすが蔵元を代表する酒とあって、他の酒とは別格の芳香でした。
 ハンドルキーパーのわたしでも、香りを嗅ぐことくらいは許していただきました(笑)。

f0186275_1639342.jpg


 昨日は最高気温が一桁台と寒かったので、熱燗の試飲がことのほか人気があったようです。

f0186275_163919100.jpg


 酒の製造過程も見学できました。日本酒の原料の酒米とわたしたちが普段口にする米との違いやら、精米の歩合の違いなどがよ~く理解できました。

f0186275_16394517.jpg


 試飲を終えて会場を後にしようとすると、試飲できなかったハンドルキーパーのために、お菓子が用意されていました。見た目は食パンを小さくしたような形状で、カステラよりもさらにしっとりしていて、とっても美味しい!!

 「昼間の酒は利く」といいますが、女房は帰宅するまで、助手席で夢とうつつの世界をさまよっていました(笑)。
[PR]
by pican2008 | 2013-04-22 16:42 | うまいもの