具だくさんの振る舞いきのこ汁、いただいた!


by ぴーかん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

(09.05.19)

 本日は代休で仕事は休み。天気もイイという予報なので、朝からツーリングに出ました。
 平日とあって昼間は車も多いので、混雑をできるだけ避けたいとの思いから、目的地は一応「日光」としました。
f0186275_73764.jpg まずはR406で菅平から鳥居峠を越え長野原を目指します。画像は妻恋村から浅間山を写したものですが、噴煙はおわかりになるでしょうかね?











f0186275_7403271.jpg 長野原町あたりでは結構土木工事がたくさん行われていて、ご覧のような橋梁工事も進んでいます。このスケールはたいしたものですね。











f0186275_7422656.jpg セブンイレブンでトイレ休憩。ふと見るとわが愛車のエキゾーストパイプがキラキラ光ってとってもきれいなんです。思わずシャッターを押してました(笑)。しかし、ステンレス製のエキパイあるいはマフラーは素敵ですね。素材としてはアルミ、カーボン、チタンと性能的にステンレスを上回るものがたくさんありますが、わたしはピカピカ光るステンレス製が一番好きです。



f0186275_74612.jpg 群馬県沼田市、R120沿いにある道の駅「白沢」で小休止。平日の朝とあって、車も少なくしばらくブラブラして時間を過ごしました。周りの風景を眺めながら今日の目的地のイメージが湧いてきました。そうだ・・・尾瀬!!








f0186275_7521963.jpg 片品村でR120と別れてR401へ。車も少なく快走が続きます。尾瀬の入口「大清水」間近ではこんなカラマツ林の中を走り抜けるところがありますが、雰囲気はまさに「尾瀬」ですね。









f0186275_757625.jpg 尾瀬の入口大清水。ここから先は諸車通行止め。徒歩で尾瀬沼へ向かわなければなりません。
 駐車場で料金500円を払おうとしたのですが、バイクは無料でトイレ脇にでも止めておけというご指示。先に来ていた20台ほどのバイクの団体に対して、料金徴収のおばちゃんは迷惑顔。ここではバイクは招かざる客という感じですね。




f0186275_853833.jpg 尾瀬沼までの道はご覧のような木道やら、急坂箇所には木の階段が設置されていて、さすが名だたる観光地尾瀬と感心しました。











f0186275_883346.jpg 新緑に囲まれ、清々しい空気の中を歩くこと2時間。いきなり木道上の残雪が目に飛び込んできました。ありゃ、こんなに雪があるの?とビックリしながらもさらに歩を進めます。わたしが履いている靴はライディング専用ではなく、登山用シューズなので、防水性もあり今回のような雪道を歩く登山行には向いています。





f0186275_8133094.jpg ただひたすら歩くこと2時間15分。ようやく三平峠に着きました。ここから尾瀬沼までは下り道で、およそ15分。元気が湧いてきました。
 しかし、そのわずか15分の道のりは、スキーでも持ってきた方が良かったと思えるような雪の急坂路。足を滑らせたら尾瀬沼まで一気に滑って落ちて行ってしまうかのようでした。



 しかしながら、なんとか2時間半の行路を歩ききり、目の前に尾瀬沼を見た時は本当にホッとしました。この時期、訪れる人も少なく寂しさが漂う湖畔でした。
 初夏の訪れとともに、また尾瀬のことを思い出すことがあったら、再訪しようと心に誓いながら帰路につくライダーでした。帰りの所要時間は2時間。〆て今日のハイキングは4時間半という、思いもよらない大ハイキングとなりました。ツーリングの所要時間は往復で8時間、走行距離=330km。こうなると、今日のツーリングは、ツーリングだったのかハイキングだったのか、よくわかりません(笑)。
 最後に尾瀬沼での画像を3枚アップします。

f0186275_8324767.jpg

f0186275_8331346.jpg

f0186275_8333388.jpg

[PR]
by pican2008 | 2009-05-20 08:37 | ツーリング

生シラス検証

(09.05.10)

 5月10&11日は全国的に快晴。10日は叔母を相手に母の日サービスをしたので、11日はツーリングに現を抜かそうと、朝から張りきりモードでした。
 県内のレディースの皆さんと朝霧高原でミーディングの予定でしたが、待ち合わせ場所の甲府南ICを目指して韮崎まで行ったとき、生シラス丼への強い憧れが心に芽生えてしまい、急きょ進路を静岡市用宗漁港に変更しました。

 予定より幾分早く、11時半に用宗漁港へ到着。本日不出漁という事態を一番恐れていたのですが、「どんぶりハウス」はしっかり営業していました。

f0186275_842319.jpg


f0186275_8315268.jpg この日のシラスは一匹がちょっと大きめでした。前回の丼の画像と比べてみてください。でも鮮度は抜群。湘南から来たライダーと地元の夫婦ライダーの会話によると、生シラスは湘南でも食べられるが、鮮度は用宗の方が抜群に良いとか。その理由は、用宗のシラスは漁をする船とそれを港に持ち帰る船がそれぞれ別で、獲ったシラスをすぐに港へ運ぶから新鮮なのだそうです。


f0186275_833758.jpg 前回同様、あらかじめ丼を二杯注文しておくので、一杯目が終わるとすぐに二杯目に取りかかることができます(笑)。
 しかし、生シラス丼はうまい!下道で往復520km余りの道のりも、この生シラス丼を味わうためなら全然気になりません。本日、レディースの皆さんとの予定をドタキャンしたことは反省すべきなのですが、快晴のツーリング日和に心から満足する結果を得られたのだから、わたしの判断は間違っていなかったのだと納得してしまうのでした(笑)。
[PR]
by pican2008 | 2009-05-11 08:43 | ツーリング

菜の花ツーリング

(09.05.05)
 
f0186275_15204812.jpg

 飯山市で開催されている「菜の花祭り」は、連休も終盤に突入し混雑が予想されるので、本日早朝に見学してきました。

f0186275_15263927.jpg 千曲川の左岸堤防上を走るR117は、ご覧のように菜の花の植え込みが延々6kmも続き、ライダーの目を楽しませてくれます。







f0186275_15334668.jpg 菜の花公園から臨む一面の菜の花と、はるか遠くに千曲川の流れ。












f0186275_15433392.jpg 菜の花をスケッチする人。もう3日間通い詰め、ここで1日中絵筆を執りすでに3枚の絵を仕上げたそうです。写真もイイけれど、感性の赴くままに絵筆を動かし、たっぷり時間をかけて描く絵もイイもんだなと思います。







f0186275_1551676.jpg エンジン付きパラグライダーが飛翔していました。先日、陣馬形山の山頂から伊那谷を見下ろし中央アルプスを眺めた時、翼があったら山頂から飛んでみたいと思いましたが、こんなパラグライダーで空中を舞ったら、最高に気持ちイイでしょうね。






f0186275_15525095.jpg 菜の花祭り会場の入口付近には露店が並び、お祭り気分が盛り上がります。






f0186275_1556092.jpg 屋外ステージではピアノや声楽のコンサートが予定されています。ステージ前には菜の花が植えられていて、ギャラリーは菜の花越しにステージの演奏者を眺めます。









f0186275_1654839.jpg ステージ側からギャラリーを見ると、こんな感じです。
 正面の一部二階建ての建物は、売店です。












 菜の花祭りの会場を後にして、朝食とタケノコ汁の最新情報を仕入れるために道の駅信越さかえへ向かいました。売店のおばちゃんによると、タケノコ汁は17日から始めたいということでした。

f0186275_16134847.jpg 本日のご飯の付け合わせは、キュウリと菜の花の漬物、ズッキーニとアサツキ入りの蕗味噌でした。前回は野沢菜の漬物と蕗味噌でしたから、付け合わせにもバリエーションがあるんですね。




 朝食後、近くにある山路智恵さんの「絵手紙美術館」で1時間以上を過ごしました。彼女が小学1年生の時から書き続けた絵手紙は人々の感動を呼び起こし栄村の町興しに大きく寄与しました。
 まだ訪れたことのない方にはぜひ一度作品をご覧になることをお勧めします。

f0186275_1641268.jpg 道の駅のすぐそばに森宮野原駅があります。ここには、昭和20年に積雪7m85cmを記録したことを記念したご覧のような積雪日本一の標尺が建てられています。この標尺の一番てっぺんが7m85cmなのですが、3階建ての建物よりも高いなんて、信じられない積雪です!














f0186275_16302535.jpg 雲行きが怪しくなってきたのでR117を戻り、飯山市で昼食を摂りました。最近好きになっている「おおぎやラーメン」の「東京とんこつ」です。この低加水麺は醤油とんこつ味によく合います。
 以前は「くるまやラーメン」の「台湾麺」が低加水麺を使用していて大好物だったのですが、このメニューがなくなってしまってガッカリしているときに、おおぎやの東京とんこつを発見したので、今はこれにはまっています(笑)。
[PR]
by pican2008 | 2009-05-05 16:33 | ツーリング

伊那・木曾、ブラ~リ

(09.05.04)
 本日は、お隣ライダーのぎいちゃんと静岡のtomさんと3人で伊那・木曾方面のツーリングでした。
 詳しいことは、下記URLよりtomさんのブログを見ていただくとして、ここでは前車のボディに映り込んだ3人の姿をご紹介いたします。
http://tom100rs.exblog.jp/
f0186275_14132741.jpg

 奈良井宿でtomさんと別れたわれわれ二人は、お土産を物色するためにR19道の駅「木曾ならかわ」に立ち寄りました。わたしが選んだお土産は、↓これです。
 にんじん(徳島県産)、ピーマン(宮崎県産)、長ナス(熊本県産)そして新タマネギ(どうやら長野県産らしい)、の4品目で〆て840円也でした。
f0186275_14243091.jpg


 本日の走行距離330km。
[PR]
by pican2008 | 2009-05-05 14:25 | ツーリング
 昨年12月31日以来、生シラス丼を求めて、静岡市用宗港のどんぶりハウスへ通い詰めること3回。そのいずれも空振りに終わり、本日は4回目となる再々々挑戦で、ようやく目指す生シラス丼にありつくことができました。
f0186275_2136550.jpg

f0186275_21441010.jpg ご飯が全くみえないほどたっぷりと乗っかった生シラスにネギとすりおろしショウガ。ここに醤油をかけていただきます。いきなり2杯注文し、女房との会話もそこそこに、一気に平らげました。
 新鮮で臭みがなく、甘くって、とにかくうまいんです。もう一杯お替りしてもよかったんですけどネ(笑)。




f0186275_21495540.jpg どんぶりハウスは11時から営業が開始されます。わたしたちが到着したのは11時30分だったので、店は行列状態かと心配したのですが、意外にも、店先はご覧のように閑散としていました。ちょっとビックリしましたが、自分たちさえこのうまい生シラス丼を味わえればいいわけですから、空いているのは大歓迎ということです。




f0186275_2156876.jpg 帰路は本栖湖まで足を延ばし、ビューティホーな富士山に向かい、盛んにカメラのシャッターを押してきました。

 本日の走行距離=620km。休日ETC割引のおかげで、高速料金は格安で距離を延ばすことができました。
[PR]
by pican2008 | 2009-05-02 21:59 | うまいもの