具だくさんの振る舞いきのこ汁、いただいた!


by ぴーかん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

(09.08.28)

f0186275_740948.jpg このところ晴天続きで雨が少ないため、過日会社で植栽した長野市の南長野運動公園のケヤキに灌水が必要になりました。先日、30メートルほどのホースを公園に持ち込み、夏の暑さに負けずスクスク育てよと言う気持ちを込めて、たっぷり灌水してきました。
 バックに写っているのは、長野冬季オリンピックで開閉会式場になった、オリンピックスタジアムです。



f0186275_8175095.jpg この日は朝から十数名の方々が公園に集合して、ポール・ウォーキングの初心者講習会が開かれていました。以前、両手にポールを持って歩いている方を見かけたことがありましたが、それがまさにポール・ウォーキングだったのです。風に乗って聞こえてきた指導員の方の説明では、ポール・ウォーキングにもいろいろ流儀があるみたいで、奥は深そうでした。
 早朝ウォーキングを実践している者として、関心を持って講習会風景を眺めていました。

 話は変わりますが、昨夜娘に
「お父さん、今度の日曜日に新潟県の長岡市まで連れて行って」
と言われたので、
「いいよ。お前が運転して行けよ。」
と答えました。
 娘はこの春に車の免許を取り、たびたび女房の車を運転していたのですが、マニュアル車であるわたしの車はあまり運転したことがないので、この機会に運転させようと思ったのです。
 すると、娘は
「バイクでもいいよ」
 と言うではないですか!
 思わずニンマリしたい気持ちを抑えて、
「いいけど、天気しだいだな」
 と、何気ない風を装って答えました。

 二輪車の高速道路二人乗り解禁を待ち続けたわたしでしたが、いざ解禁となってからは家族のだれもがタンデムをしてくれず、バイクは一人で乗るものと決めてしまっていました。
 さてさて、日曜日の長岡市周辺の天気は?
 ヘルメットを押し入れから出して、風に当てておかなければ・・・
 経路は、行きはR117で帰路は・・・
 ふむ、なんとも日曜日が楽しみになってきました(笑)。
[PR]
by pican2008 | 2009-08-28 08:21 | エトセトラ

目指すは、東

(09.08.17)

f0186275_8532199.jpg 昨日は久しぶりに上々の天気に恵まれ、盆休暇最期を飾るにふさわしいツーリング日和でした。いろいろ悩んだ末、昔ヤマハのTRX850に乗っていた頃、確か一度訪れたことがあるような気がするR299十石峠を目指すことにしました。








f0186275_859293.jpg 佐久穂町からR299に入って間もなく、左手に切妻&瓦屋根の集落が見えてきました。切妻はわたしの大好きな屋根で、日本家屋の理想型とも思っています。
 この集落は見事なまでに切妻&瓦屋根ばかりで、唱歌「こいのぼり」の「甍の波」が頭に浮かんできました。道路脇にある集落名を記した看板を見ると、ここが「本郷」地籍であることが判明しました。本郷という地名は、地区の中心地をさすもので、かつては郡役所などが置かれた所です。切妻&瓦屋根の家々を見ると、比較的裕福な家々が集まった集落だったことが想像されます。

f0186275_919521.jpg 山間に入り抜井川にかかった橋を渡り切った所に「臼石」の案内がありました。2メートル四方ほどの礫岩の真ん中に、直径60cm、深さ30cmほどの半球型の穴が穿たれ、ちょど石臼のように見えるものです。水流による長い間の侵食と流れ込んだ礫の回転作用による結果で、これだけの規模の物は他に類を見ないそうです。




f0186275_9281822.jpg 臼石から1kmも走らないうちに、「乙女の滝」の案内が見られ、道の両側には小さいながらも駐車スペースが確保されていました。県内ナンバーのバイクが2台止まっていました。
 遊歩道を10分ほど歩くと、巨岩が抜井川の清流を2つに分かち、真っ白な水しぶきを上げながら落下する乙女の滝が見に飛び込んできました。落差は5メートルそこそこですが、厳冬期には流れ落ちる水が二筋の氷柱となり、この季節とは一味違った雰囲気を見せてくれるそうです。

f0186275_9383226.jpg 十石峠までの道は、忘れた頃に対向車が現れるので、すれ違いにはかなり気を使います。峠に着いてみると、峠の標識柱といい展望台といい、どうにも見慣れない風景で、かつて一度来たことがあると思い込んでいたのは間違いだったかと思ったのですが、10年一昔と言いますから、風景も変わりますよネ。





f0186275_9432622.jpg 信州・佐久穂町と上州・上野村の境に位置する十石峠の展望台からの景色は、山国特有の山また山の眺めです。












f0186275_951014.jpg 峠を下り上野村に入ってからはR299を快走し、24年前に起きた日航機墜落事故の犠牲者の御霊を祀った慰霊の園を訪れました。
 御巣鷹の尾根に向かって合掌した形の慰霊塔にしばし手を合わせ、二度とこのような悲惨な事故が起きることがないよう、お祈りしました。






f0186275_9561933.jpg その後秩父を経由し、交通量の少ない県道を快適に走って、R17から久しぶりにR18碓氷の旧道を走りました。結構路面が荒れていて、倒し込んだバイクの後輪が跳ねるので、緊張しながらも楽しく走ることができました。

 帰宅は午後5時。本日の走行距離=350km、タイヤのショルダー部までしっかり使い込んだツーリングとなりました。
[PR]
by pican2008 | 2009-08-17 10:06 | ツーリング
(09.08.14)

 昨日墓参りとお客さんの接待を済ませたので、本日ようやく、新品チェーン&スプロケの調子を見るためのツーリングに出かけることができました。
 静岡市の用宗港へ久しぶりに「生シラス丼」を食べに行きたかったのですが、先日の地震によって交通の状況が悪くなっているようなので、新潟県最北にある村上市を目的地に定めました。

f0186275_21143839.jpg 新潟市から村上市へ向かうR7沿いにあった「れんこん畑」です。子供の頃にはいたるところに見られたレンコン畑でしたが、今や希少価値となった感があります。
 小学生の頃、親父の実家(長野県飯山市)ではレンコン畑はごく普通の風景で、雨に降られた時には子供たちがハスの葉を傘代わりにしたものでした。



 R8新潟市の道の駅「新潟ふるさと村」では、NHK大河ドラマで放映中の「天地人」の主人公、直江兼次展が行われていました。各種土産品やら関連グッズが販売されていましたが、わたしの関心を引いたのは、

f0186275_21145944.jpg まずは日本酒。ご覧の画像はサンプルの日本酒ですが、これは展示されている物の半分に過ぎません。あまりの種類の多さに、さすが米どころ新潟と思わずうなってしまいました。





f0186275_21152444.jpg 次は、蟹!信州でこのような光景に出くわすのはごく希です。お値段もなかなかのものですが、こういう風景が身近にあるということは羨ましいですね。あっ、もちろんこの画像以外にも、各種海産物が山のように展示販売されていました。




f0186275_21194655.jpg 市町村合併により、今でこそ村上市に編入されてしまいましたが、かつての「紫雲寺町(しうんじちょう)」はわが町須坂市と姉妹提携にあった町でした。県営の紫雲寺記念公園の道路案内を発見したので、懐かしさからちょっと立ち寄ってみました。
 キャンプもできる広大な整備された公園は、かなり賑わっていました。海岸も整備されており、県外ナンバーの車も多数駐車していましたね。


f0186275_2122269.jpg 村上市からの帰路はR290を初めて走ってみましたが、幅員は狭いものの、バイクは非常に快適に走れるルートです。昼食は国道沿いで発見した「食道・味平」で味噌ラーメンを注文しました。
 どこの店も、味噌ラーメンは醤油ラーメンよりは若干高めに設定されているのですが、味平では醤油&塩&味噌とも同額の500円。どうです、安いでしょ?麺は中太の縮れ麺で、固茹でを指定しました。お値段の安さと言い味と言い、極めて満足の一品でした(笑)。

 本日は往路のR117、復路のR290&252が最高のルートでした。新潟県の道路は信州と比較すると、カーブが緩やかで、「ぬわわkm/h」程度で走れますから、適度な緊張感と達成感を満喫できます。
 これからもっと越後路を走らないともったいないですね。
 本日の走行距離=550km
 
[PR]
by pican2008 | 2009-08-14 21:34 | ツーリング
(09.08.09)

f0186275_15595139.jpg 今日は、昨日チェーン交換したバイクの調子を見るために、富山県氷見市までお中元品の買い出しを予定していました。ところが、朝4時に外へ出てみると、わずかに雨があたっていて、おまけに氷見市の天気予報は降水確率50%。
 急きょバイクから車に変更して、午前5時に家を出ました。上信越道~松本~R158~安房トンネル~R41~富山市~氷見市というルートで、午前10時に氷見市に到着しました。
 画像は、上信越道・松代PAにて、午前5時半頃、朝日が登り始めた東の空を撮影したものです。

f0186275_15572365.jpg 氷見漁港にある「フィッシャーマンズワーフ・海鮮館」は地元日本海の魚を買い求める人たちで大賑わいでした。わたしもここでお中元用に「海鮮セット」を注文し、地方発送してもらいました。






f0186275_1601581.jpg 海鮮館の外では、漁港を巡る観光遊覧船がちょうど出港するところで、たくさんの海鳥が遊覧船の周りを飛び交っていました。

 目的を果たした後は、北陸道&上信越道経由でいっきに帰宅しました。午後2時、ぶじ自宅に帰り着き、お土産の「焼きサバ寿司」に舌鼓を打ちました。
[PR]
by pican2008 | 2009-08-09 16:04 | ドライブ

うん、滑らか!

(09.08.08)

f0186275_025190.jpg 走行距離が55,000kmを越え、チェーンがだいぶくたびれてきました。チェーン引きしてもぜんぜん効果はなく、走行中はガチャガチャと異音を発し、とにかく限界に達していたようでした。
 ご覧のようにゴールドのチェーンは、視覚的には一つのアクセントとなっていて、非常に好きだったのですが、さて交換となると視覚的効果よりはやはり経済的事情が優先します。
 それでもバイク屋の言に従って、「オーリング」よりは中高速域でパワーロスが軽減するという「エックスリング」式のチェーンを奢りました(笑)。

f0186275_0254097.jpg 見た目はご覧のように何の変哲もないチェーンですが、新しいだけにガッチリしていてパワーをロスなく伝えてくれそうに見えますね(笑)。
 乗り出しての感想ですが、非常に滑らかに一直線に加速してゆく感じで、新しいチェーンの威力を十分に感じることができました。今回はチェーンに加えて前後のスプロケットも交換し、料金は34,000円。懐は痛むのですが、対費用効果は十分にあったものと納得しています。
 画像ではわかりにくいのですが、スプロケットは新品だけに角角がはっきりしていて、しっかりパワーを受け止めてくれそうな感じです。

 明日は雨の心配がなければ、富山県氷見市まで、お中元品選びを兼ねて新品チェーンの調子を確かめに行ってきます。もちろん、全線下道で往復500kmくらいにはなると思いますので、出発は午前4時半くらいかな?
[PR]
by pican2008 | 2009-08-09 00:38 | ツーリング