具だくさんの振る舞いきのこ汁、いただいた!


by ぴーかん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

AED

(2010.5.25)

f0186275_17465221.jpg 近頃ちまたでAEDという機械を置いている所が増えてきました。恥ずかしながら、少し前までAEDのなんたるかを知らずにいました。
 昨夜、いつもバドミントンの練習をしている体育施設で会議がありまして、会議後にAEDの扱い方の講習会が行われました。
 扱い方は簡単ですが、心臓けいれんを起こしている人を目の前にしたとき、ぶっつけ本番ではおそらく満足な救助作業はできないのではないかと思います。人形を使ったこのような訓練を積んでおくことは大切です。和やかな雰囲気ながらも、実践的で有意義な講習会でした。
[PR]
by pican2008 | 2010-05-25 17:47 | エトセトラ
(2010.5.23)

 一昨日、後輪のブレーキパッドを交換しました。愛車を手に入れたときの走行距離は11,000kmでしたが、現在は62,000km超。5年間で50,000kmほど走ったことになります。このところ、リヤブレーキの効きが非常に甘くなってきたのを感じていましたので、交換に踏み切りました。
 バイク屋が言うには、町乗りが多い場合、60,000kmもパッドは持たないが、ぴーかんさんは遠乗り専門だからここまで持ったのだろうと。
 さて、交換して走り出したとたんに、新品パッドの効果の絶大さを実感しました。大げさな言い方をすれば、フロントブレーキ要らない、って感じでした(笑)。

f0186275_11225778.jpg 昨日は、パッド交換後最初のツーリングということで、秋山郷~志賀高原を目的地に選びました。ルートは、R117で新潟県津南町へ行き、そこからR405で秋山郷へ向かうというのが一般的ですが、今回は、R117「道の駅信越さかえ」を過ぎたところで県道へ右折し、新潟県を通らずに長野県内の道だけを走って秋山を目指しました。秋山郷を経由し志賀高原へ抜けるまでの山道60kmの様子を画像でご紹介します。
 まずは残雪と路肩の枯葉の出迎えを受けました。コーナーには雪解け水が流れていたりで、この先慎重に走らなければと、気を引き締めました。

f0186275_1128853.jpg 秋山郷五宝木という部落では、八重桜が濃い花を咲かせています。













f0186275_11295111.jpg 路面状態の良い、こんなコーナーが連続する所もあり、新緑の中を気持ちよく快走します。












f0186275_11334552.jpg 沢にはまだ雪がたっぷり残っていて、新緑との対比が美しい!













f0186275_11361716.jpg 沢の残雪です。道路際の積雪は1mくらいでしょうか。



















f0186275_11392472.jpg 冬期閉鎖解除直後の常として、路肩が抜け落ちているところがあります。崩れた土砂とともに支柱も落ちてしまい、ガードケーブルが宙ブラリン状態です。










f0186275_114333100.jpg このコーナーは、雪解けで崩れて路面に堆積した土砂を片付け終わったばかりです。ご覧のように路面は砂で覆われていて、知らずにイイ気持ちでバイクを倒しながらコーナーに進入しようものなら、痛い目にあいます(笑)。








f0186275_1149287.jpg 最後は、志賀高原一ノ瀬スキー場の様子です。冬の賑わいはどこへやら、夏のシーズンを前に一休みといったところです。
[PR]
by pican2008 | 2010-05-23 11:54 | ツーリング

海の幸、ホタルイカ

(2010.5.19)

 昨日、会社の同僚が富山湾で捕ったホタルイカを会社へ持ってきてくれました。夕食はこのホタルイカを使って、混ぜご飯を作りましたが、その過程を画像でご覧いただこうと思います。

f0186275_7492979.jpg ビニールの魚籠(びく)に入ったホタルイカです。全部で4~5kgはあるでしょうか?












f0186275_7505392.jpg しっかり水洗いしてから茹で上げました。よくスーパーなどで売られている、お馴染みのホタルイカですね。











f0186275_7581369.jpg イカの目&口&中骨をていねいに取り除きますが、これが一番手のかかる作業ですね。その後、醤油・みりん・砂糖・酒で煮込んで味をつけます。香りをつけるためにショウガを三切れ入れました。








f0186275_15373849.jpg 炊きたてのご飯と混ぜ合わせます。今回はイカがたくさんあったので、三合の混ぜご飯ができました。ご飯の湯気とともにわずかにショウガの匂いが混じったイカの香りが立ち上り、とても美味でした。イカ飯というと、イカにご飯を詰めて炊き込んだものを言いますが、逆にご飯にイカを混ぜ合わせた、今回のようなイカ飯もおつな物です。
 蛇足ながら、バックに写っているおかずは、左がキムチをトッピングした冷や奴、右が焼いたブリに生醤油をかけた物です。
[PR]
by pican2008 | 2010-05-19 08:10 | うまいもの
(2010.5.16)

f0186275_7564223.gif 先月下旬から早朝ウォーキングを再開しました。会社ではほとんどイスに座りっぱなしで、パソコンとにらめっこの仕事のため、脚力の衰えを感じるようになりました。31年間続けているバドミントンで、気持ちのイイ汗をかくためには、足を鍛えておかなければなりません。

 朝4時半に家を出て、50分~1時間ほど歩き回ってきます。そのコースの道ばたにフキが生っています。今日はそのフキの葉を5枚ほどいただき、過日すーさんがブログにアップされた、「フキの葉の佃煮」を作ってみました。
 辛い物が大好きなので、豆板醤をちょっと加えました。フキの苦みがなんとも素敵な佃煮に仕上がりました。白いご飯にとっても合います。ついついご飯が進みます。

 春は色とりどりの花が咲き乱れ、その上、様々な山菜・野菜のおいしい季節です。路傍の食材に感謝しながら、春をおいしく味わっています(笑)。
[PR]
by pican2008 | 2010-05-17 17:15 | うまいもの

ツーリング追跡

(2010.5.12)

f0186275_16521250.jpg 今日は仕事のため、軽トラックで鬼無里村(現在は長野市)に行ったのですが、仕事を終え戸隠を回って帰社しようと、狭まい曲がりくねった山道を走っていると、ツーリング集団がバックミラーに入ってきました。道を譲るため路肩によってバイクが通り過ぎるのを待っていたのですが、その数11台。車種は確認しませんでしたが、いずれも大型バイクで、しんがりはなんとリフト付きのトラックでした。しかも、トラックの後部にはホンダのウイングマークが書かれているではありませんか!

f0186275_16524392.jpg さては、何かイベントでもあるのかと、軽トラのアクセルペダルを踏む足に力を込め、ギアを一段落として、バイクを追走し始めました。
 しかし非力な軽トラでは、戸隠への狭小なワインディングをピタリとついて行くのはなかなか辛いものがありました。離されたり追いついたりの繰り返しで、そのうちわたしとトラックとの間に一台車が割り込んでしまい、バイク+リフト付きトラックの集団を見失ってしまいました。

f0186275_16544893.jpg 戸隠村(現在は長野市)に到着し、そば屋&土産物屋の建ち並ぶ道を走っていると、さきほどの集団が、とあるそば屋の駐車場に止まっていました。イベントでもあるのかと思い込んだのは、どうやら間違いだったようです。
 追跡はここであきらめて会社へ戻ることにしました。鏡池の入り口でUターンしたのですが、このあたりではまだご覧のような残雪状態です。しかし、平日とは言え、さすが観光地戸隠ですねぇ、結構県外ナンバーの車が入り込んでいましたよ。
[PR]
by pican2008 | 2010-05-12 16:56 | ツーリング
(2010.5.6)

 昨日GW最終日は、午後になってから近場を軽く走ってきました。

f0186275_10131543.jpg まずは、高山村の山田牧場へ行く途中にある、八滝(やたき)です。名前の由来は、この滝が山上から八段になって、松川に流れ落ちていることからきています。目視によるおおよその落差は、40mといったところでしょうか?
 現在ここには展望台がありますが、わたしが仕事で山田牧場へ通っていた、昭和40~50年代にはなかったものです。今では展望台に加え、休憩所まで作られていてビックリしました。山田牧場一帯はごくマイナーな観光地かと思っていましたが、駐車場には県外ナンバーの車も止められていて、認識を新たにしました。










f0186275_10342442.jpg 八滝に続いて、「雷滝」です。小学校低学年の頃、おやじと一緒に来た記憶が今でも鮮明に残っています。県道から100mほど下ったところにありますが、当時は土を踏み固めただけの細い急勾配な道でした。現在では手すりが付いた階段状の道に変わっていて、簡単に滝まで行けます。滝の裏側が通路になっているのが特徴です。

f0186275_10394529.jpg 山田牧場は春になると牛が放牧されるのですが、今年は牧草の育ちが悪いためか、昨日の時点ではまだ牛は見当たりませんでした。
 ご覧の画像は牧場から下ってくる途中で撮ったものです。撮影中ふと足下を見ると、フキノトウの花が咲いていました。




f0186275_10461652.jpg 山田牧場から志賀高原に抜けるルートがあるのですが、まだ冬期閉鎖中のため、万座方面を目指して走ることにしました。白樺林をバックにシャッターを押しましたが、まだ新緑は見られません。真夏、下界が30度を超す猛暑でも、この辺りまで来ると、「ヒヤッ」とするほどですから、新緑はもう少し先です。


f0186275_10514454.jpg 100mほど先の路上にカモシカを発見!ビックリさせないように、そ~っと近づいて行ったのですが、わたしのバイクを見ると、山肌を駆け上って行き、道路から10mほど登ったところで立ち止まり、こちらをじっと見つめているカモシカです。





 4日間のわたしのGWは総括してみると、なかなか有意義だったと感じています。今日&明日、仕事に復帰して感を取り戻したら、またまた2連休。しっかりツーリングしたいと思っています(笑)。
[PR]
by pican2008 | 2010-05-06 11:02 | ツーリング
(2010.5.4)

f0186275_10164775.jpg ゴールデンウィーク2日目となる昨日は、女房と二人、一日高速道路で遊んできました。午前9時に自宅を出発してから、
 →(上信越自動車道)→新潟県上越市→(北陸自動車道)→富山県砺波市→(東海北陸自動車道)→岐阜県土岐市→(中央自動車道)→松本市→(長野自動車道)→自宅
 この間、食事&トイレはSA&PAを利用し、一度も高速道路を降りませんでした。SAの売店はそれぞれ特色ある物を扱っているところも多く、それらをブラブラ見て歩くのも結構おもしろいものでした。
 GW真っ盛りとあって、いたるところで、数え切れないほど渋滞に遭遇しました。好きなCDを聞きながら、女房とあれこれおしゃべりしていたので、渋滞もそれほど気にはなりませんでした。
 SAの食事もなかなか充実していて、東海北陸自動車道・ひるがの高原SAで食べた「海鮮丼」は、富山県氷見直送と謳っているだけあって、満足の一品でした。

f0186275_10285321.jpg ご覧の画像は、岐阜県の白川郷を見下ろす飛騨白川PAから撮ったものです。画面中央が白川郷の合掌造り群です。インターからわずか4kmの距離なのですが、なんと昨日はここへ行き着くまでに4時間を要する大渋滞となっていました。その渋滞の様子を示す車の列が画面右側に写っています。



f0186275_10545220.jpg 中央道恵那峡SAに着いたのは午後9時過ぎ。こんな時間だというのに、SAは大賑わいでした。レストランはメニューが豊富で、今はやりの、券売機で食券を購入した時点で厨房へ自動的に注文が知らされるシステムになっているので、満席にもかかわらず、窓口の混雑もなくお客は次々と食事を受け取っていました。
 昔、ここで食べた「どて丼」がまだメニューにあるのを発見し、懐かしくなり、たいして腹は減っていなかったのですが、注文してしまいました(笑)。

f0186275_11145857.jpg 須坂のインターへ帰り着いたのが12時。ここでちょっと面白い経験をしました。ETCゲートを通過しようとすると、電光掲示板に「バック厳禁」と表示されてゲートが開きません。係員の説明によると、ETCの場合、同一インターから出入りしようとすると、ゲートは開かないのだそうです。で、事務室でご覧のような、「特別走行(周回、迂回)」と明記された「道路利用証明書」を発行してもらってゲートを通過しました。
 640km走行しても、高速料金はわずか1000円!燃費も13km/Lと高燃費だったし、楽しいドライブでした。
[PR]
by pican2008 | 2010-05-04 11:15 | ドライブ

始まりは、tomさんと

(2010.5.2)

 今日からわたしのGWが始まりました。初日は、静岡のバイク仲間tomさんと、野辺山で待ち合わせして、小海町の食堂「風とり」でランチを楽しんできました。
 tomさんは「かつ丼」、わたしは「モツ煮丼」をそれぞれご注文。tomさんには「かつ丼+ラーメンセット」という定番の選択肢もあったのですが、食べ残すことを怖れて、今日は「かつ丼」のみとしました。
 ところが、出された注文の品は・・・・・・・でかい!アラカンの二人としては、結局食べきれずに残す羽目に(笑)。
 食後はR141を南と北に分かれて、それぞれ自宅を目指しました。

f0186275_1542398.jpg 帰路は、以前から気になってはいたのですが、まだ訪れたことのない、佐久穂町の「奥村土牛記念美術館」へ行ってみました。奥村土牛(おくむらとぎゅう)は明治22年東京生まれの日本画家です。戦後、佐久穂町の前身である南佐久郡穂積村に疎開したことを記念して、美術館が設置されたのですが、この建物は、村の歳出予算額が35000円程度だった昭和2年に、総工費99000円をかけて作られたものです。平成10年に村の文化財に指定され、ていねいに管理されています。

f0186275_1546259.jpg R142から臨む浅間山です。八ヶ岳はまだしっかり冠雪していますが、浅間山の雪はご覧のようにほとんど消え、まさに春の風情です。










 最後は、須坂市仁礼町、R406沿いの桜並木です。満開の桜がちょうど散り始めた時で、身体が桜の枝に触れると、ハラハラと花びらが落ちてゆきます。ブログに桜が登場するのはこれが最後かもしれませんネ。

f0186275_15514351.jpg


 帰宅は午後2時半。走行距離220kmの、今シーズン初となるtomさんとのツーリングでした。
[PR]
by pican2008 | 2010-05-02 15:56 | ツーリング