具だくさんの振る舞いきのこ汁、いただいた!


by ぴーかん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

(2012.6.24)

 早朝から庭と門柱周りなどの草取りに精出していたので、ツーリングの出発は10時でした。
 R406で菅平を経由して、K4から浅間サンラインを走り軽井沢へ。久しぶりに碓氷の旧道を走って、群馬県安中市でランチした後は、碓氷バイパスで中速コーナリングを楽しみながら、往路とは逆の経路で家路につきました。

 家を出てまもなく、見通しの悪い右カーブで前車が対向車とドアミラーをぶつけ合いました。センターラインのない道でしたが、幅員はじゅうぶんにあり、前車が右側に入り込みすぎたのが原因です。一般ドライバーはコーナリングラインの取り方がわかっていない人が多いですね。

 久しぶりに碓氷の旧道を走りましたが、軽井沢方面から入ってしばらくは、路面が荒れていてビックリしました。
 カーブ105で、四輪車のスリップ痕を発見しました。
 復員はたっぷりあるカーブなのですが、オーバー・スピードで突っ込んでしまったのでしょうか?山側の縁石いっぱいまでスリップ痕が続いていて、ボディ下部で山側の土がえぐり取られていました。

f0186275_8542446.jpg


 碓氷で昔から有名な物と言ったら、アプト式の鉄道です。現在は部分的にその軌道跡が残されていて、観光名所になっています。
 今日は、今まではなかった新しい施設を発見しました。軌道跡を見学するための駐車場です。場内は砕石敷のためバイクで入るのがためらわれたので、入り口のコンクリート部分へ駐車しました。ご覧の画像で、左側に小さくわが愛車XJR1300が写っています(笑)。

f0186275_8544386.jpg


 丸太で作られた木の階段を登るりつめると、熊ノ平駅を観光できます。かなり段数があるので疲れたのか、登り始めた女性が階段の途中で腰を降ろして休憩しています。

f0186275_855598.jpg


 この駐車場から少し下った所に、めがね橋駐車場も新設されていました。これまでは、めがね橋に一番近いカーブの路肩に車を止めて見学していたため、通行車両は駐車車両の出入りに気を遣わされたものです。
 それが今では、石張りのこんな立派な駐車場が整備され、めがね橋まで谷川にせり出すように歩道ができていました。

f0186275_8563353.jpg


 駐車場の一角には、「峠路探訪」と銘打ったこんな案内板も設置されていて、碓氷の旧道を訪ねる楽しみが倍加しそうです。

f0186275_857021.jpg


 駐車場からめがね橋まで続く歩道です。延長300mほどの歩道ができたことによって、めがね橋への観光客がグッと増えたようです。

f0186275_8572714.jpg


 めがね橋に到着しました。久しぶりに来ましたが、やはりここは碓氷を代表する顔の一つだなぁと、つくづく感じました。

f0186275_8575115.jpg


 ランチは安中市まで足を伸ばして、R18沿いにある「なんなんラーメン」という初めての店に入ってみました。駐車場は砕石敷きですから、バイクでは慎重に!

f0186275_858926.jpg


 ご注文は、「なんなん塩ラーメン(700円)」の麺固ゆで。塩ラーメンを注文するのは、生まれて初めてなんですよ。でも、出されたラーメンを一目見るなり、これはうまいと確信しました。水菜・チャーシュー・メンマ・海苔・半熟ゆで卵1/2、そして梅干しのたたきがトッピングされていました。さっぱりしたやさしい塩味でしたが、想像したとおりのうまさでした。

f0186275_8582827.jpg


 帰路、行く手にそびえ立つ妙義山を写真に納めました。いつ見ても奇っ怪な山容ですね!

f0186275_8584431.jpg


 小諸の浅間サンライン沿いにあるイタリアンジェラートの店で、のどの渇きを癒やすため、ラムレーズンをいただきました。ついでに眠気もとれて一石二鳥!!(笑)

f0186275_8585991.jpg


 続いて、道の駅雷電くるみの里でもジュース・タイム。二輪車の駐車スペースに止めたわたしのXJRを見つめる、怪しい男が一人!
 左に写っているおしりは雷電のものです(笑)。

f0186275_8591819.jpg


 ここでちょっと気になったのが、バイクを駐車したときのヘルメットの置き場です。わたしはご覧のように、いつもヘルメット・ホルダーを利用するのですが、左側に止めたアメリカンなライダーは、リヤの背もたれのようなパイプに置いたままです。

 昔、信州をおとずれた大阪のライダー仲間が言うことには、大阪ではバイクから離れるときは、ヘルメットを持って行くに限るそうです。バックミラーに掛けておいたりしたら、即盗まれてしまうとか! ヘルメット・ホルダーに掛けておいても、紐を切られることもあるそうです。

 以来、わたしはちょっと駐車するときにはヘルメット・ホルダーを利用し、長時間の場合は持って行くことにしています。

 アメリカンの場合、車体をカスタム化することが多いので、ヘルメット・ホルダーは取り外してしまうためか、とかくアメリカンなライダーはヘルメットの保管が不用心ですネ。

f0186275_8594068.jpg


 こうして、今日も一日しっかり走ってきました。帰宅は午後3時半。全走行距離=220km。
[PR]
by pican2008 | 2012-06-25 09:04 | ツーリング
(2012.6.18)

 昨日は昼近くなって急激に天気が回復し、道路も乾いて、思いがけずツーリングにでかけることができました。11時からわずか4,5時間でしたが、心地イイ風に吹かれながら、高原キャベツの壮大な風景の中を心ゆくまで走り、心身ともにそう快感で満たされました。

 夏のメッシュグローブがボロボロになっていたので、まずは上田の南海部品へ立ち寄って、あれこれ物色しました。最終的に選んだのがこのグローブです。手のひら側はパンチングの牛革で、甲側は綿製です。

f0186275_16302795.jpg


 考えてみると、長らく革製のグローブを購入していません。夏場、手に汗をかくと革の色が手に移ってしまい、見た目が悪いので、革グローブはずっと敬遠していました。
 ところが、還暦祝いに友人から贈られたオーダーメイドの革グローブは、とっても使いやすくて好印象だったので、今回は革も選択肢に入れてみました。
 使用感は文句ありません。さらにこの色なら、色落ちしてもあまりめだたないようにも思います。

 ルートは、菅平から鳥井峠を経由して嬬恋村のキャベツ畑が目的地です。今冬の寒さが厳しかったためか、この時期としては、キャベツの生育状況はちょっと遅れぎみのようです。

f0186275_1631018.jpg


 山裾に広がる、一面のキャベツ畑。

f0186275_16311881.jpg


f0186275_16313539.jpg


 嬬恋村内で「ワン・コイン・ランチ」の看板を見つけ、あわててUターンして飛び込んだのが、花○(はなまる)食堂です。
 薬丸・岡江さんのTV番組、花まるマーケットとはまったく関係ないそうです(笑)。

f0186275_16321566.jpg


 ワン・コイン・ランチメニューは、酢豚定食・生姜焼き定食・中華丼・ラーメン・冷やし中華・その他定食とあり、わたしは中華丼を注文しました。
 ご覧のように、とりたてて「お買い得感」は感じられないメニューで、味の方もごく「ふつう」でした。ただ経営者の年配夫婦と、地元のお客らしいおばちゃん&おじちゃんが人なつこくて◎でした(笑)。

f0186275_1632478.jpg


 そのおじちゃんの助言で、「愛妻の丘」なるところへ行ってみました。さいちーさんも以前レポートしてましたネ! 画像左側の丘が「愛妻の丘」ですが、しかし、恥ずかしくて、駐車場へバイクを乗り入れることことさえはばかられました。
 場所柄からいっても、愛妻ならぬ「愛菜の丘」と命名してほしかったものです。

f0186275_1633322.jpg


今回の出で立ちは上下ともにメッシュでしたが、ジャケットの下にはこんなものを着込んでみました。過日スポーツ・ゼビオで購入した、アスリート向けのインナーです。汗をかいてもジャケットが肌にくっつかず、グッドでした。
 ですが、これを着るときが問題です。ちょっとでも体が汗ばんでいようものなら、悪戦苦闘しなければこのインナーを着込むことができません!!

f0186275_16442325.jpg


 午後3時、ぶじ帰宅。本日の走行距離は170kmでした。
[PR]
by pican2008 | 2012-06-18 16:39 | ツーリング

シーズン初、タケノコ汁

(2012.6.16)

 時節柄、昨夜はタケノコ汁をいただきました。道の駅信州新町で買った根曲筍は、鮮度がいまいちでしたが、とにもかくにも旬のタケノコ汁を食べたいというわたしたち夫婦の希望を優先して購入してきました。

 タケノコはけっこうたくさんあるように思えても、皮むき作業を終えてみると、「皮ばっかり」というありさまです(笑)。
 さらに包丁がスッと入らない堅い部分は切り捨ててしまうので、実際に食べられるのはわずかです。

f0186275_891488.jpg


 しかし、とにかく出来上がりました。具材はたっぷりで、味もグッドです。タケノコ汁の右側に見えるワラビは、一昨日、妹が持ってきてくれたものを一日かけて灰汁出ししました。太くて、「ノリがたっぷり」で、とってもうまいワラビです。

f0186275_893138.jpg


 この季節、山菜が食卓を飾ることが多いのですが、自然の恵みをありがたく、おいしくいただいています。
[PR]
by pican2008 | 2012-06-16 08:10 | うまいもの

ふる川で、ごちそうさま

(2012.6.9)

 本日は天気さえ良ければ、さいちーさんと愛知県豊根村の茶臼山高原までツーリングしているはずでしたが、今日が梅雨入りとあって、ツーリングは中止。

 ツーリングをランチドライブに替えて、女房と上越市の「寿司割烹 ふる川」へ行ってまいりました。
 ふる川専用の駐車場スペースはわずか2台。開店20分前に到着しましたが、思いがけず1台分が空いていてラッキーでした。

f0186275_1914247.jpg


 開店まであと10分。ボチボチお客さんが集まり始めました。

f0186275_1914431.jpg


 以前にも簡単にご紹介しましたが、店内は壁から天井までポスター類で埋め尽くされています。
 注文した刺身定食が出てくるまで、結構時間があるので、今回はこのポスターについてしっかりレポートいたします。

 まずはわたしの左横の衝立には、歌手小林さち子のシングルレコードのジャケットが、ご覧のようにビッシリと!小林さち子が新潟県出身だから応援しているということではないそうです(笑)。
 正面の間仕切壁には、小林旭主演映画のポスターが貼られています。共演女優は浅丘ルリ子さんが多いみたいです。

f0186275_19152162.jpg


 天井には、健さんの「昭和残侠伝」!! そのお隣には「温泉芸者」シリーズのポスターがベタベタ(笑)。

f0186275_19152393.jpg


 こちら間仕切壁の小林旭主演のポスターその2。共演はやはり、すべて浅丘ルリ子さんです。そして右側には、これはポスターではなく、スチール製の看板があります。これぞ、琴姫七変化の松山容子さんがコマーシャルするボンカレーの看板です。

f0186275_19164040.jpg


 とポスターのご紹介をしているうちに、お待ちかねの刺身定食ができあがりました。さぁ、腹いっぱい召し上がれ!!

f0186275_19171171.jpg


 メインの刺身は、マグロ・タコ・ハマチ各2キレ、甘エビ1尾と相変わらず少量です(笑)。他に、焼き魚(サケ)・カレイの煮つけ、茶わん蒸し、牛ステーキ4切れ、厚さ20㎜くらいのトンカツ、根曲りダケ入り卵とじ味噌汁と、笑っちゃうほどのおかずがついて、これで600円(笑)。

 ビックリしたのもつかの間、おいしく完食いたしました。ごちそうさまでした<(_ _)> こんなことをしていて、ふる川は成り立って行けるのでしょうか、それが心配(笑)。
[PR]
by pican2008 | 2012-06-09 19:19 | うまいもの

バッテリー

(2012.6.7)

 昨夕、待ちに待ったバイクのバッテリーが届きました。台湾製で、お値段は国産バッテリーの半値以下です。バッテリーの場合、「安い=悪い」は当たっていると思っています。前回購入した物も結構短命でしたが、安さにはかなわずに今回も格安のバッテリーを購入することになりました(^^ゞ

f0186275_165038.jpg


 今朝、新品バッテリーをバイクに搭載しました。まずはデジタル時計を正確な時間に合わせ、その後、チョークを八分ほど引いてセルを回すと、一発でエンジンに火が入りました!
 死んだバッテリーを10日ほど前に取り外した後は、バイクへの関心もちょっと薄らいでいたのですが、こうして、エンジンが回る音を聞くと、胸がワクワクしてくるから不思議です(笑)。

 さぁて、今週末は梅雨入り前の最後のツーリングになるかもしれません。
[PR]
by pican2008 | 2012-06-07 16:07 | エトセトラ

かっこイイ車が、好き

(2012.6.3)

 長野冬季オリンピックでスピードスケートの会場となった「Mウェーブ」で、「信州カーフェスタ2012」が開催されました。
 
 仮設ステージでは、日本中にその名を知られるアシモ君が満場の耳目を一身に集めて、流れるような動きを披露してくれていました。

f0186275_11374198.jpg


 このフェスタへの参加は国内全メーカーで、時節柄、電気自動車の出展が目立っていました。

f0186275_11381595.jpg


 そして、トヨタのブースには、これがありました!!

f0186275_11384016.jpg


f0186275_1139273.jpg


 お分かりですよねぇ~、「86」です。スバルブースには「BRZ」がありました。所有欲を刺激する車です(笑)。

f0186275_11392814.jpg


 ダイハツは、これがコペンの後継車種かと思いましたが、担当のお姉さんの説明によると、まったくの別物だということでした。こんな車が街中を走っていたら楽しいじゃありませんか!

f0186275_11394650.jpg


 マツダは、以前カー雑誌に掲載されたことのある、「SHINARI」です。

f0186275_1140697.jpg


 わたしが車に求めるものの一つに、フォルムがあります。見ているだけでワクワクしたり、夢を感じさせるそんな車が大好きです。
[PR]
by pican2008 | 2012-06-04 11:42 | エトセトラ