具だくさんの振る舞いきのこ汁、いただいた!


by ぴーかん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

米子瀑布

(2013.8.24)

 本日は、須坂市が主催するトレッキングに参加の予定でしたが、このところの雨で山道が通行止めのため、中止になってしまいました。
 そこで女房と二人で近くの「米子(よなご)瀑布」まで軽いトレッキングをしてまいりました。米子瀑布とは、柱状節理の断崖に懸かる、落差85mの不動滝と75mの権現滝の2本の滝のことです。

 このあたりは紅葉もすばらしく、秋の週末&祭日はマイカー規制が敷かれて、バスによる瀑布・紅葉見物の観光客で賑わいます。
 毎日がサンデーになったわたしとしては、紅葉真っ盛りの時期を狙って、観光客の少ない平日に紅葉見物に行ってみようと今から楽しみにしています。

 ご覧いただくのは落差85mの不動滝です。

f0186275_21524479.jpg

[PR]
by pican2008 | 2013-08-24 21:53 | 自然

猛暑のツーリング

(2013.8.22)

 あいかわらずの猛暑続きですが、本日は天気の良さにつられて、午前10時から大町・白馬方面へゆったりと平日ツーリングを楽しんできました。

 道の駅中条ではできたてホカホカのおやきを見つけました。笹で包んであるところに惹かれ、一つ買い求めて食べてみました。

f0186275_952575.jpg


 味はふつうにおいしいという程度です。一つ150円というお値段はちょっと高めですが、観光客相手の商品としては仕方のないところでしょうか?

f0186275_954248.jpg


 鹿島槍スキー場へ行ってみました。画像右側のグリーンのシート上では、若者たちがスケートボードのようなもので滑って遊んでいました。

f0186275_96313.jpg


 冬期に大活躍するスノーマシンですが、冬以外の季節にはこんなところに置かれているのでしょうか?

f0186275_965474.jpg


 鹿島槍スキー場を後にしてしばらく走ると、鹿島川に架かる黒沢橋に出ました。橋の上から見る鹿島川の水は緑色をしていて、これって先日訪れた阿寺渓谷の水と同じくらいきれいではないですか!

f0186275_963987.jpg


 県道325号線、白馬岳大町線にでました。この道をまっすぐに進むと、ひょっとしたら白馬岳まで行けるのか?行ってみよう!

f0186275_974478.jpg


 バイクはここまで。この先は登山道でした(/_;)

f0186275_98158.jpg


 登山届けは、黄色に塗られたポストにくくりつけてある郵便受けに投函するようになっています。

f0186275_983561.jpg


 Uターンして涼しい風を感じながら舗装路を走っていると、鹿島槍ガーデンという大きな釣り堀のようなものを発見。案内板を見ると商魂のたくましさがうかがえますね(笑)。

f0186275_982113.jpg


 しかし、ここも水はきれいです。「キャッチアンドリリース」と書かれた看板の設置された池でヤマメ釣りに時間を費やすのもイイかもしれません。

f0186275_99154.jpg


 ここでハプニング発生。いきなりロケット花火が山側に向かって発射されたのです。遊びに来ている若者たちの悪ふざけかと思いきや、なんと小熊が現れて近くの木に登ったまま降りてこないので、これを追い払うために鹿島槍ガーデンの職員がロケット花火を打ち上げたのでした。

f0186275_912289.jpg


 そんな騒動を尻目に、白馬村へ向かいました。白馬三山の雄姿をご覧いただきます。画面左から、白馬槍ヶ岳、杓子岳、そして一番右が白馬岳です。

f0186275_9122382.jpg


 長野市まで戻ってきて、ただ今参加しているヤマハの「チャレンジ3,000km」の走行距離を申請するために、YSP長野中央店へ行きました。
 すでに3,000kmは突破しているのでお店の方々に祝福していただき、ご覧のような完走の記念ピンバッヂをいただきました。

f0186275_9134752.jpg


 5月25日にエントリーした時点での走行距離数は81,365km。そして8月22日現在は86,849kmですから、差し引きすると約5,500km走ったことになります。走ることに忙しくて距離申請するのがずいぶんと遅れてしまいました(-_-;)
 当初はその気はなかったのですが、成り行きでステップアップの7,000kmにチャレンジすることになりました。引き続き愛車と走り回ります!!(笑)
[PR]
by pican2008 | 2013-08-23 09:18 | ツーリング

爽やかなシーンを求めて

(2013.8.16)

 連日の猛暑。道行くライダーたちもこの暑さに悪戦苦闘しているように見えます。そんな中、日頃わたしのブログにおいでいただいている方々に、一服の清涼剤ともなるべき画像をお届けいたしたく、行って参りましたのは長野県大桑村阿寺(あてら)渓谷!

 R19木曽路を走っていていつも思うのは、両側を深い緑の山々に挟まれ、木曽川に沿ってウネウネと走るR19には青空と夏の暑さがよく似合うということです。

f0186275_9201651.jpg


 わが家からおよそ170km。大桑村の阿寺(あてら)渓谷に到着しました。渓谷の最下流は木曽川と合流しています。渓谷の全貌はこの案内板でご覧ください。

f0186275_9204693.jpg


 ココはとにかく水が澄んでいて、まるでエメラルドを思わせるような美しいグリーンであることが特徴です。家族連れがバーベキューセットを持ち込んで、水遊びに興じていました。
 駐車場の車を見ますと、名古屋あるいは尾張小牧のナンバーが多いようですね。遠くは千葉県の野田ナンバーもありました。

f0186275_9205935.jpg


 渓谷の道を車で上っていくと、中流あたりは巨石がゴロゴロしています。

f0186275_9212271.jpg


 でも、水はこんなにきれいなんですよ。

f0186275_921439.jpg


 駐車場のある樽ケ沢あたりです。深さは1m30cmくらいでしょうか。でも川底の石はまったく水中にあるようには思えないほど、はっきり確認できます。

f0186275_9221477.jpg


 阿寺渓谷を後にして、R256で妻籠経由で飯田市へ。飯田からはR153で北上、茅野市へ出て白樺湖経由で自宅へ戻ったのが午後4時。とにかく日中は「暑い!!」の一言。
 それでもどうにか下道420kmを走りきって、爽やかな阿寺渓谷の画像をゲットしてきました(笑)。
[PR]
by pican2008 | 2013-08-17 09:24 | ツーリング

鮭の町 村上

(2013.8.4)

 本日のツーリングは、東北地方の梅雨もようやく明けたようなので、東北山形県と境を接する新潟県は村上市へ行ってまいりました。

 村上といったら「鮭」ですから、まずは「ハラコ丼」で腹を満たしてから、鮭の博物館とも言うべき「イヨボヤ会館」でしっかり鮭の勉強をして、ライダーとしての教養を深めようというのが本日のツーリングの目的です(笑)。

 イヨボヤ会館と同じ敷地内にある「サーモンハウス」の1Fには、村上地方特有の冬の風物詩ともいうべきサーモンの天日干しが入り口にディスプレーされています。頭付きで干すのが一般的かと思っていたのですが、頭ナシもありなんですね(-_-;)

f0186275_9503316.jpg


 サーモンハウス2Fの「はらこ茶屋」でお目当てのハラコ丼をいただきました。ハラコ丼とはイクラ丼のことです。お値段は1,575円と、わたくしぴーかんさんのランチとしては高額ですが、清水の舞台から飛び降りた気で注文しました。結論は、「う~ん、何だかな?」でした(/_;)

f0186275_9505645.jpg


 まぁ、とにもかくにも空腹を満たしてから、お隣のイヨボヤ会館へ向かいました。イヨボヤとはこちらの方言で、「魚の中の魚」という意味で鮭のことを指しているそうです。

f0186275_9511287.jpg


 鮭の博物館なんて初めてでしたので、見るものすべて新鮮で驚きでした。村上は鮭と深く関わって繁栄してきた町だったのです。この水槽には稚魚から少し生育した段階の鮭が無数に泳いでいます。画像でわかるでしょうか?

f0186275_9512896.jpg


 腹を満たし、頭には知識を詰め込んで村上市を後にしました。海沿いを走るR113聖籠町(せいろちょう)でヤマザキYショップに立ち寄ったところ、入り口付近にこんなものが置かれていました。
 もの珍しさでカメラに納めていると、近所のおばあさんがこれを2本手にとってレジで精算していました。聞いてみたところ、お盆の墓参りの際、これにローソクを入れて墓の左右に立てるものだそうです。珍しい風習ですね。

f0186275_9514592.jpg


 今朝はちょっと寝坊をしてしまい、出発は6時。帰宅は午後7時でしたから、13時間のツーリングということになります。相変わらず全線下道を走り通し、走行距離は540kmでした。
[PR]
by pican2008 | 2013-08-05 09:55 | ツーリング

新しい出発

(2013.8.2)

 ただ今勤務している会社は、8年前に望まれて入社したのですが、今月12日をもって退社することに決まりました。昨年の暮れあたりから、第一線を退いてゆっくりしたいという気持ちが強くなり、先月半ばに退社を願い出ていたのですが、それが受理されたものです。

 とはいえ、きれいさっぱり身を退くというわけにもいかず、官庁の土木工事入札の積算業務は、引き続き在宅で行っていくことになっています。

 退社を記念して、昨日ウォーキング用のシューズを新調しました。現在使用しているシューズは少し小さいうえに年数もかなり経ているのです。
 ちょっとハデですが、軽くて履き心地はよさそうです。このシューズを履いて、早朝のすがすがしい空気の中をさっそうと(?)歩く姿を想像するとワクワクしてきます。12日以降は、あわただしく出勤する必要がなくなるので、余裕のあるウォーキングができそうです。

f0186275_3384912.jpg


 あっ、今はすでに8月2日の午前3時半です。あと1時間ほどしたら、このシューズでの初ウォーキングに出発します!!


『風を切り 新しき道 胸を張る』
[PR]
by pican2008 | 2013-08-02 03:40 | フォト575