具だくさんの振る舞いきのこ汁、いただいた!


by ぴーかん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

週末ツーリング・日曜編

 週末ツーリング第2弾です。


 29()はアクシストリートを駆って、新潟県と境を接する長野県上水内郡信濃町を目指しました。俳人・小林一茶生誕の地でうまい蕎麦でもいただこうと思ったのですが、途中中野市で「まだらお祭り開催中」の看板を発見し、急きょ目的地を変更しました。


 会場となっている「まだらおの湯」の屋外にはすでにたくさんの人々が集まっていました。


f0186275_10042222.jpg


f0186275_10044418.jpg


 無料のきのこ汁が振る舞われていたので、さっそくいただきました。ご覧下さい、この具材の豊富さ!! ナメコ・エノキ・シメジに加え、豆腐・油揚などこれでもかというくらいどっさり入っています。こんなリッチな振る舞いきのこ汁は初めてです。

 味噌は地元中野市の味噌を使用していて、実にウマイ!!


f0186275_10045403.jpg


 お次は山菜のテンプラ、これも無料です。写真右の皿が山菜です。白い花のようなものは針槐(はりえんじゅ・ニセアカシア)の花のテンプラです。左の皿はアスパラを茹でた物にマヨネーズを添えてあります。


f0186275_10045987.jpg


 お次はここにも中野の味噌を加えたニラせんべい。2枚で100円です。ちょっと味噌が少ないように感じましたが、おいしい・・・。


f0186275_10050660.jpg


 会場では臼と杵でもちつきが行われていました。つきたての餅は近くのテントに運び込まれ加工して販売されます。わたしの大好きな「おろし餅」もあったのでさっそくワンパックいただきました。


f0186275_10052121.jpg


f0186275_10052736.jpg


 久しぶりのおろし餅(200円)です。これもまた美味かった!! この日は意外なところで意外にうまいお昼にありついたというものです(^_^)v


f0186275_10053168.jpg


 斑尾から新潟県妙高市へ向かって下っていくと新緑の中に白樺の白がとても美しい・・・。


f0186275_10054088.jpg


 アクシストリートを停めて写真を撮っていると、小さなピンクの花を着けた植物が目に入りました。愛らしくてきれいな花です。葉っぱの状況から見ると、アジサイの一種なのでしょうか?


f0186275_10054887.jpg


f0186275_10055496.jpg


 帰宅は14時半。走行距離=120kmほどでしたが、原付2種は疲れますね。タイヤは10インチと小径で、ホイールベースが短いからピッチングを含む揺れが激しい。路面の状況をもろに受けます。おまけに、平坦~下り坂のワインディングでは大型バイクに遅れをとるものかと頑張ってしまうので、燃費は悪いし・・・。

 でも、楽しい!!!()


[PR]
by pican2008 | 2016-05-30 10:11 | ツーリング

週末ツーリング・土曜編

 毎日が日曜日みたいな生活を送りはじめて二ヶ月も経つと、平日と週末の区別がつきにくくなってきます。ツーリング先の観光地で、訪れる人がずいぶん少ないなと感じて、それが平日ツーリングであることを忘れていたりします(^_^;)


 しかし今週28日と29日の土日は、一般の有職ライダー同様、この時とばかりに二日間しっかりツーリングしてまいりました。


 まずは28日の土曜日編です。


 この日は朝から用事があって、それを済ませてからアクシストリートで乗り出したので、出発は10時半頃でした。

 前回ツーリングまで使用していた革グローブは前夜洗濯をしてしまいまだ使える状態ではありませんので、化繊の薄いグローブを着用して出発したのですが、どうもしっくりきません。

 ホームセンターへ寄って、布製のグローブを購入しました。これは両手とも装着したままでスマフォを操作できるというものです。


f0186275_05522107.jpg


 この日は普段着のまま出かけてきたので、走っている内に肌寒くなってきました。そこで身体を温めるため、「道の駅 信州新町」で掛け蕎麦をいただきました。いつもながらここの蕎麦はうまい! 温かい蕎麦を食べているのはわたしくらいかと辺りを見回すと、結構掛け蕎麦の人が多いんですよ。それだけこの朝は涼しかったということなのでしょう。


f0186275_05522659.jpg


 店内には時節柄、野菜・山菜の類いが沢山並べられていました。「もみじがさ」という聞き慣れない山菜を見つけました。おひたし、テンプラなどで食べるとのことで、明日の朝食にしようとワンパック購入しました。


f0186275_05523176.jpg


 信州新町市街地に入りかけたとき、R19沿いの小さな公園内に、「かあさんの歌発祥の地」という看板を発見しさっそく立ち寄ってみました。


f0186275_05523721.jpg


 あまりにも有名なこの歌の発祥地が信州新町だったとは、驚きです。記念碑もあるので間違いはないのでしょう()


f0186275_05524237.jpg


 その後、山間の県道を楽しく気ままに走っていると、長野市美麻の「静の桜公園」で、県指定の天然記念物・大塩のイヌ桜を発見しました。


f0186275_05524993.jpg


 一目見た時頭に浮かんだのは、山梨県北杜市の「神代桜」でした。こちらの樹齢は1000年ほどと神代桜よりは若いのですが、イメージはダブりますね。


f0186275_05525870.jpg


 大町市に入って最初の三日町では町内を流れる農具川に沿ってアヤメ祭りが開催中でした。アヤメを鑑賞している人はいませんでしたが、面白そうだったのでアクシストリートを停めてみました。


f0186275_05530404.jpg


 農具川に沿って両側に紫色のアヤメが200mくらい続き、ツツジ類も一緒に植えられていました。花の最盛期は過ぎてしまっていましたが、なかなかきれいです。


f0186275_05531403.jpg


f0186275_05531927.jpg


 大町市から池田町を経由してR19で明科町にさしかかる頃、時刻は14時になっていました。朝食が11時に掛け蕎麦一杯と軽かったので、そろそろ小腹が空いてきました。すると間の良いことにラーメン屋が目に飛び込んできました。閉店のためノレンをしまう所でしたが、間一髪セーフ!

 頂いたのは、煮干し出汁のさっぱりラーメン、650円也。麺はツルツルでスープも口にやさしく、とってもグッドでした。再訪の価値あり店です!


 

f0186275_05532301.jpg


 そして、翌29日朝、前日道の駅で購入してきた山菜・もみじがさ をテンプラにしてみました。タラの芽やコシアブラとは違った味わいがあって、これはこれで美味かった!!


 

f0186275_05532916.jpg


[PR]
by pican2008 | 2016-05-30 06:00 | ツーリング

 昨日の信州は最高気温30度の予想。これはたまらん、ということで涼を求めて群馬県東吾妻町までツーリングしてまいりました。


 自宅からR406で菅平へ。R144で嬬恋村からR145長野原町を経由して東吾妻町の「道の駅 あがつま峡」まで片道80km。この道の駅は八ッ場ダム建設に伴って2014年に設置されたようです。

 温泉施設「天狗の湯」も併設されています。


f0186275_09352641.jpg


 その後、交通量の少ないR145&146を快調に走って峰の茶屋で鬼押しハイウェイに入りました。昔、ツーリング途中だった静岡のtomさん親子と、浅間山を仰ぎ見るこの地で合流したときのことをなつかしく思い出しながら一人で記念撮影。


f0186275_09353267.jpg


 当時は観光客がひしめいていましたが、今回は平日でしかもシーズン入り口ということもあって、ほとんど訪れる人はいませんでした。


f0186275_09353824.jpg


 三原へ向かう途中で新緑をバックに一枚。この時期、山々は新緑一色で、風はさわやか、絶好のツーリングシーズンです。


f0186275_09354435.jpg


 帰宅は午後2時半。全走行距離=160km


[PR]
by pican2008 | 2016-05-27 09:38 | ツーリング

トレッキング

 523()、地域のコミュニティーセンターが主催するトレッキングに参加してきました。一般参加者10名、主催者スタッフ2名、ガイド1名、運転手1名の合計14名でのトレッキングです。


f0186275_09033819.jpg


 今回のトレッキングは、地元の大谷(おおや)不動尊の里堂~奥の院を訪ねる道すがら、各所に残る史跡を見て回るというものです。

 まずは不動尊の里堂を訪れ、住職から大谷不動の歴史をお話いただきました。


f0186275_09034524.jpg


 バスで林道を進み、石小屋洞穴に到着です。標高930mの地点にあり、一枚の大きな集塊岩に幅・奥行き3mの穴が掘られています。これは縄文時代の遺跡で、12,000年前の縄文土器・石器が発見されました。世界最古級のものだそうです。


f0186275_09035155.jpg


 なぜこんな山の中に縄文遺跡なんだろうと思いましたが、ガイドさんの説明によると、ここから17mほど下に流れる宇原川には鮭が遡上し、当時の人々は山の獣よりもこの鮭を食料にしたためだろうということでした。


f0186275_09035644.jpg


 徒歩で大笹街道を進むと、大谷不動尊参道の分岐点にある大谷山御黒門が見えてきました。この黒門はもともとは木造で建立され、昭和5年に鉄筋コンクリート化し、その後昭和49年に石造りに立て替えられました。しかし、昭和56年の土石流で流出し黒御影石で復元されて現在に至っています。


f0186275_09040321.jpg


 ここから先は新緑の森の中、清澄な空気を胸一杯に吸い込みながら森林浴も兼ねたトレッキングです。手摺りの丸太支柱にセミの抜け殻を発見。


f0186275_09040980.jpg


f0186275_09042459.jpg


f0186275_09043112.jpg


 昼少し前に、目指す大谷不動奥の院に到着です。建物は平成21年に建て替えられていますが、南北朝時代から600年もの長い間奥の院は守り続けられているそうです。奥の院内で三カ村協議会の方の説明を聞いた後、お昼を頂きました。


f0186275_09043879.jpg


 午後は奥の院から500mほどのところにある一の滝を目指しました。進行方向左手は深い谷、右手は断崖です。ガイドの篠塚さんが崖の下を指さしながら注意を促していました。


f0186275_09044884.jpg


 一の滝です。水量は少ないのですが訪れる人もなく静寂の中に水音だけが木霊していました。


f0186275_09045469.jpg


f0186275_09050148.jpg


  帰路、周囲は広葉樹ばかり。ここも新緑が美しい・・・。紅葉の時期にも訪れてみたいものです。


f0186275_09050963.jpg


 コミュニケーションセンターへ戻ったのが午後2時過ぎ。帰宅するとすぐに、たっぷり汗をかいた衣類を洗濯し、ビールで喉を潤しました。久しぶりのトレッキングで疲れましたが、山歩きはイイですね。


[PR]
by pican2008 | 2016-05-24 09:12 | 自然

田植え

 先週の土曜日は、年に一度の「田植え」作業。女房の実家で半日、しっかり働いてまいりました。

 かつては米を始め、リンゴ・アスパラ・桃などたくさんの物を作っていましたが、年齢と共に身体も効かなくなってきますから、数年前からは米1本に絞り、他の作物は自家用程度に縮小しました。


 とは言え、米もわたしのような素人が田植えや稲刈りなどを手伝っております。それぞれ年に一回のお手伝いで「親孝行」になるのですから、わたしとしてはまったく負担を感じておりません()


 3時間ばかりの田植え作業で水田一面に稲苗が植えつけられ、これぞ日本の風景という感じです。秋の稲刈りにまたお手伝いの声を掛けることができるよう、声を掛けてもらえるよう、それぞれ健康で半年を送りたいものです()


f0186275_06165057.jpg


[PR]
by pican2008 | 2016-05-23 06:17 | 自然

通信費節約

 退職して無職となったのを機に、通信費の節約を行うことにしました。その方法とは、今使用しているスマホはiPhoneで、キャリアはドコモです。スマホ本体はとても気に入っているので、これはそのままに、SIMMVNOの格安SIMに交換しようというものです。

 MVNOOCNに決め、SIMは音声通話機能付、1日の使用量上限110MB、月額1,600(税別)コースを選択しました。


 OCNに申し込みをするとまず「アクティベートコード」が送られてきて、それからSIMの注文です。iPhoneSIMサイズはナノSIMですが、間違えて標準タイプを注文してしまい、その後改めてナノSIMを注文するという二重手間はありましたが、昨日待ちに待ったSIMが届きました。


f0186275_20430124.jpg


 昨夜、慎重に設定を行いインターネットへの接続を完了させ、今日の午前中にOCNメールの設定を行いました。ドコモからOCNに替えたとは言っても、電波はドコモのものを使用していますから特に繋がり方が向上したということはありません。今まであったドコモのメールボックスがなくなり、Exchangeのボックスが出現したことくらいでしょうか?


f0186275_20430799.jpg


 利用料金の節約効果がはっきり現れるのは7月の請求あたりかなと考えています。どれだけ節約できるのか楽しみでなりません()


[PR]
by pican2008 | 2016-05-20 20:47 | エトセトラ

 昨日518日は飯綱・戸隠方面へアクシストリートでツーリングに出ました。戸隠では新緑の中、戸隠神社奥社まで往復2時間弱のウォーキングをしてきました。


 飯綱から戸隠へ向かう途中、はるかかなたに北アルプスを望んでのワンカットです。


f0186275_09572401.jpg


 これをズームすると


f0186275_09572981.jpg


 戸隠に到着した頃には12時を過ぎていたので、久しぶりに戸隠蕎麦でランチしてみました。戸隠の蕎麦は、観光地の常として「高くて、量が少なく、味は普通」という印象を持っていましたが、今回、味に関しては「うまい部類」であることを確認できました()


f0186275_09573299.jpg


 戸隠奥社の駐車場は二輪車が300円。ちょっと高いなと思いましたが、屋根付き駐車場でしたので妥当かな?


f0186275_09573840.jpg


 さぁ、奥社まで1.5kmほどのウォーキング開始です。


f0186275_09574540.jpg


 奥社の参道には一部杉並木があります。数年前、この杉並木をバックに女優吉永小百合さんを写した戸隠のポスターが大人気でした。


f0186275_09575187.jpg


f0186275_09575625.jpg


 奥社近くに登山道入り口がありました。「登山者のみなさんへ」の注意書きを読むと、戸隠連峰は結構難易度の高い山のようです。今年あたり戸隠に登りたいと思っていたのですが、再考の要ありかな?


f0186275_09580465.jpg


 ようやく奥社に到着です。


f0186275_09581323.jpg


f0186275_09581996.jpg


 ここでの参拝は、「深く二礼、二拍、深く一礼」です。


f0186275_09582460.jpg


 帰路に写した杉並木の状況です。


f0186275_09583068.jpg


 写真を撮りながらでしたので、奥社までの往復に1時間50分ほどかかってしまいました。

 参詣路から駐車場へ戻る途中で水芭蕉を発見しました。よく見ると近くにもかなりの数の水芭蕉が花をつけています。でも誰も気がつかないのか気にしないのか、見向きもしないで歩き去って行きます。うーん、もったいない!


f0186275_09583577.jpg


 帰宅は午後4時。久しぶりの山の散策で、ちょっと疲れました。さっそくビールの缶を開け喉を潤しました()


[PR]
by pican2008 | 2016-05-19 10:04 | 自然

姫川源流を尋ねる

 長野県白馬村に源を発し、新潟県糸魚川市で日本海に流れ込む延長60kmの姫川は別名「暴れ姫川」と呼ばれ、過去に何度も大水害を引き起こしてきました。

 姫川に沿って走る国道148号は昔から何度も車・バイクで走りましたが、県境の前後のスノーシェッド内は屋根から水がしたたり落ちていて、路面が荒れていて走りにくく、常に各所で道路工事あるいは河川工事が行われていました。

 先日、そんな「姫川」の源流を尋ねてまいりました。


 長野市犀川の堤防道路を走っていると高水敷の針槐(はりえんじゅ)、別名「ニセアカシア」が白い花をつけ、あたりには甘いにおいが充満していました。高水敷内には堤防道路に沿ってチップを敷き詰めた延長2kmを超える遊歩道が設置されていて、ウォーキング、ジョギングの人たちの姿が常に見受けられる所です。


f0186275_08540474.jpg


 白馬村に到着しました。雲が出ていて北アルプス連峰の峰峰が見えにくいのですが、雄大です。


f0186275_08541344.jpg


 ここが姫川の源流である親海(およみ)湿原の入り口です。


f0186275_08541912.jpg


f0186275_08542579.jpg


 湿原内は木道(プラスチック製ですが・・・)が整備されていてとっても歩きやすい。この時期、ミツガシワの白い花が湿原一面に咲いていてとっても見応えがあります。


f0186275_08543057.jpg


 姫川源流に到着しました。水は清澄で冷たく、周囲の若草・若葉の軟らかな緑色が源流の清々しさをいっそう引き立たせています。思わず手ですくって喉を潤したくなります。


f0186275_08544604.jpg


f0186275_08545253.jpg


f0186275_08545962.jpg


 散策する人の姿もまばらで、辺りは静まりかえり、聞こえるものは鳥の鳴き声と木々の葉が風に揺れる音ばかりです。


f0186275_08550588.jpg


f0186275_08552172.jpg


 暴れ姫川の源流がこんなにも穏やかな場所だったとは驚きです。

 本日の走行距離=150km


[PR]
by pican2008 | 2016-05-16 08:59 | 自然

六十里越

 昨日、512日は本当にイイ天気でした。あの青空を見たらツーリングに飛び出さずにはいられませんでした。出発はちょっと遅くなってしまい11時過ぎ。


 R252、新潟県と福島県の県境にある「六十里越」手前では、例年GW中でも長いスノーシェッドの上には大量の残雪があり、その雪解け水が滝となってスノーシェッドの屋根から深い谷に流れ落ちています。ゴールデンウィークを過ぎた12日ではどんな状況なのだろうかと思い、六十里越まで行ってまいりました。


 R117沿いにある、長野県栄村の「道の駅 信越さかえ」ではちょうど今日から「たけのこ汁」が始まったところでした。顔なじみのおばちゃんの「毎度ありがとうございます!」の声が心地良い・・・。


f0186275_09550707.jpg


 一年ぶりのたけのこ汁は、気のせいなのか、筍・サバ・豆腐などの具材がたくさん入っているように感じられました。


f0186275_09551158.jpg


 たけのこ汁販売のすぐそばに見慣れないモニュメントがありました。説明文によるとここ栄村で縄文土器が出土した記念に昨年建立されたということです。また一つ村の目玉ができたってことですね!


f0186275_09552045.jpg


 R117から交通量の少ないR252に入って快調に飛ばし続け、新潟県から福島県に入りました。目指す六十里越はすぐそこです。


f0186275_09552320.jpg


 お目当てのスノーシェッドの雪はさすがに12日ともなるとほとんど融けてしまっていましたが、山肌の雪はまだ所々残っていて雪解け水はスノーシェッドの2箇所ほどから谷底へ流れ落ちていました。


f0186275_09562796.jpg


 屋根の上の残雪はこんな感じです。


f0186275_09552784.jpg


 六十里越に到着し「六十里越開通記念碑」の前で記念撮影。そういえばいままでこの位置で写真を撮ったことってありませんでした。


f0186275_09560214.jpg


 初めて記念碑の文面に目をやると、なんとこの峠の開通はあの田中角栄さんによるものだということがわかり、ビックリ!!


f0186275_09553101.jpg


 眼下には晩春の一面の緑に覆われて、田子倉ダム湖の青い水面が美しい・・・。


f0186275_09570636.jpg


f0186275_09571275.jpg


 本日は出発が遅かったので、帰宅したら午後6時半を過ぎていました。

 本日の走行距離=310km


[PR]
by pican2008 | 2016-05-13 10:01 | ツーリング

 連休中、娘は仕事で毎日出かけていたので問題はなかったのですが、3日から5日までの三日間は、富山やら諏訪やら松本へと毎日お出かけして女房のご機嫌を取り結んでおりました。


 今朝、女房と娘を会社へ送り出した後は、一人の時間を満喫しております。女房には申し訳ないのですが、こうして自分のやりたいことをしながら過ごす時間ってとっても大切に思えます。

 

 久しぶりにブログを更新してみようと思います。話は古くなってしまいましたが、5月2日に山梨県北杜市にある「花と幸せのテーマビレッジ ハイジの村」まで愛車XJ1300でツーリングしてきました。

 この日の朝、TVでお天気キャスターがこの施設からレポートしているのを見て、急きょ行って見ることにしたものです。


 昔TV放映されたアニメ「アルプスの少女ハイジ」はその後何度か再放映されましたが、わたしのお気に入り番組の一つなのです()。お隣山梨県にそのテーマパークがあるとはまったく知りませんでした。

 「ハイジの村」全容です。


f0186275_10565835.jpg


 受付を入って最初の広場では花々の展示販売がされています。


f0186275_10570550.jpg


 村を一周するロードトレイン「ハイジ号」もここから出発します。写真撮影したときはほぼ乗客は満員状態でした。間もなく出発です。


f0186275_10571642.jpg


 このすぐ南隣には屋外円形ステージ、「バラのステージ」があります。季節になるとバラで彩られるということです。この日はまだバラは見られませんでしたが、白・黄色・紫の花々が美しく咲いていました。


f0186275_10581342.jpg


 日本一長いという「バラの回廊」もまだ蕾さえつけていませんが、230mに渡ってバラが咲き誇ったら素晴らしい回廊になることでしょう。


f0186275_10582110.jpg


 「お妃様のバラ園」でのワンショットです。中央に写っているのが「バラの回廊」です。


f0186275_10583216.jpg


 写真を撮っていたら、ちょうど「ハイジ号」が通りかかりました。


f0186275_10584052.jpg


 色とりどりの花と各種野菜が競演する「山の農夫のポタジェ」です。


f0186275_10584797.jpg


 同上、「天使の庭」です。


f0186275_10585239.jpg


 「アルムの山小屋」も再現されています。


f0186275_10585917.jpg


 小屋の中には干し草のベッドやおんじの台所などが見られます。


f0186275_10590490.jpg


 またその横には金網で囲われた「ユキちゃん家」がありますが、角の生えたヤギばかりで、愛らしい「ユキちゃん」は見当たりませんでした。


f0186275_10591187.jpg


 GW中でしたが、道路は空いていて快適なツーリングでした。

 本日の走行距離=270km


[PR]
by pican2008 | 2016-05-06 11:05 | ツーリング