具だくさんの振る舞いきのこ汁、いただいた!


by ぴーかん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

奥志賀高原トレッキング

 昨日も一日降水確率はきわめて低かったので、奥志賀高原へトレッキングに行ってまいりました。


 志賀高原からさらに北へ6km、秋山郷の栄村方面に進むと、雑魚(ざこ)川沿いに続く奥志賀渓谷遊歩道があります。

 県道502号の路肩に車を停めて遊歩道へ下ります。


f0186275_11321630.jpg


 右手に雑魚川の流れを見ながら、ブナやトチノキなどの木々に覆われた遊歩道を歩きます。所々に直径5cm、長さ20cmていどの単管が「熊除け」として、木の枝から吊されています。


f0186275_11322344.jpg


 熊除けにはユーモアに溢れた一言が添えてあって、心が和みます。例えば、


「私から手出しをしませんので、あなたもそのするどい爪のうでをふりあげないで」


f0186275_11322795.jpg


とか、


「自然の造形をお楽しみ下さい。足元のガケと樹の上の真っ黒い物体にも注意をして下さい」


などです()


f0186275_11323263.jpg


 吊り橋が架かっていました。歩くと結構揺れますが、がっちりした作りなので揺れを楽しみながら渡る事ができます。


f0186275_11323850.jpg


 橋を渡りきったところで記念撮影です。


f0186275_11324588.jpg


 橋から70mほど登ると「満水の滝」が現れました。落差は15m程度でしょうか?


f0186275_11325111.jpg


 東京電力の測水所という小さな小屋がありました。ここで河原に出て写真を一枚。


f0186275_11325735.jpg


 昨日は気温は結構高かったのですが、奥志賀渓谷遊歩道では陽光が木々に遮られ、心地よい風が吹き抜けていたので、汗をかきはしたものの、気持ちよいウォーキングを続けることができました。


 午後1時頃には目指す終点の「大滝」に到着しました。


 落差30mの大滝は見るからに涼しげでした。この滝は一昨年でしたか、ツーリングの際に訪れたことがあります。


f0186275_11330310.jpg


f0186275_11330903.jpg


 大滝から引き返して、県道502号の大滝入り口に到着しました。


f0186275_11331405.jpg


 ここから出発地点までは県道(奥志賀公園栄線)を1kmほど歩きます。舗装路なので足並みにも力が入ります。


f0186275_11332091.jpg


 路肩のカーブミラーは低い位置にあるので、自分の姿がしっかり映ります。


f0186275_11332580.jpg


 帰路は飯山市を目指し、途中、木島平村の温泉施設・馬曲(まぐせ)温泉に立ち寄って汗を流しました。


 本日の歩行時間は3時間20分。帰宅は午後5時少し前でした。梅雨の合間のトレッキングは何だか得した気分でした()


 


[PR]
by pican2008 | 2016-06-28 11:40 | 自然

長野市のうまい蕎麦

 長野市の善光寺にほど近い蕎麦屋を、知り合いがFacebookで紹介していました。当人はそこで蕎麦を食べていないので味についてはレポートされていませんが、「十割蕎麦が600円」の格安と聞いては、行ってみないわけにはいきません。


 で、さっそく昨日日曜日の昼に行ってきました。店構えはこんな感じです。


f0186275_05551371.jpg


 店の前にはこんな張り出しがされていて、通る人の興味をそそるようです。日曜日とあって、店内は満員。わたしも店の外で15分ほど待たされました。


f0186275_05551879.jpg


 アクシストリートで行ったので、店の真ん前の歩道に駐車しました。この通りは長野駅から善光寺まで続く中央通りと言いますが、最近道路改修が行われて歩道が拡幅されたので、スクーターを駐車しても、ぜんぜん歩行者に迷惑がかかりません。


f0186275_05552394.jpg


 店内で待つこと10分。注文した「十割蕎麦 大盛900円」がコレです! 味については「普通にうまい」と言えます。量は、蕎麦好きであれば、大盛でちょうどイイ程度です。


f0186275_05552890.jpg


 参考までにメニューの一部をご紹介します。


f0186275_05553221.jpg


[PR]
by pican2008 | 2016-06-27 05:58 | うまいもの

妙高高原トレッキング

 梅雨に入っているというのに雨が少ない。これはもうアウトドア以外にありません。


 昨日は、女房と新潟県妙高市の妙高高原・笹ヶ峰へトレッキングに行ってまいりました。新潟県民の森の笹ヶ峰グリーンハウスを出発して牧場に沿った遊歩道を歩き、宇棚の清水・笹ヶ峰神社・キンポウゲ群生地・清水ケ池・ドイツトウヒ林を巡る、一周5㎞のコースです。


 出発して間もなく、白樺の木をバックに記念撮影です。


f0186275_10223146.jpg


 毎朝行っているウォーキングなら、50分ほどで5kmを歩ききりますが、今回は自然に親しみながらゆったり・ゆっくり歩きます。


 「宇棚の清水」に到着です。小川の流れの中に群生しているのはワサビでしょうか?白い花を着けていて、口に含むと苦みを感じます。


f0186275_10224351.jpg


 水飲み場があり、コップが用意されています。冷たくてとっても美味しい水です。


f0186275_10225946.jpg


 牧場ののどかな風景です。遠景の山は、左が黒姫山、その右手が飯綱山かな?


f0186275_10230444.jpg


 ここにはキンポウゲの群生地もあるということでしたが、最近草刈りを行ったらしくみごとな群生は見られませんでしたが、それでもあちらこちらにキンポウゲは咲き誇っていました。


f0186275_10232376.jpg


 ズダヤクシュは日影を好むのでしょうか、あまりに可憐すぎて、ともすると見過ごしがちです。


f0186275_10233180.jpg


コキンバイも小さな花です。キンポウゲの黄色に紛れてしまいそうです。


f0186275_10233850.jpg


 オオヤマオダマキは、まるで頭が重すぎて下を向いてしまったかのような状態で花を着けています。


f0186275_10234188.jpg


 コース前方に猿の集団を発見しました。わたしたちの先をどんどん行ってしまうので、追いつくことはできませんが、猿たちのいた場所へ行き着くと、そこには生々しい生活の跡が残されていました()


f0186275_10235187.jpg


 ここからしばらくは白樺樹林が続きます。白い幹と緑の葉が美しいですね。


f0186275_10240746.jpg


 午後1時頃、清水ケ池に到着しました。少し遅くなりましたが、コンビニで購入してきたお握りでお昼にしました。


f0186275_10241772.jpg


 風がないので池の水面に周囲の景色が映って、上下対称の景色を作り出しています。画像の右手からカモが2羽泳いできて水面を乱しそうでしたので、あわててシャッターを押しました()


f0186275_10243085.jpg


 コース終盤にはドイツトウヒが出現してきました。道すがらの説明板によると、わが国最大のドイツトウヒ林だそうです。


f0186275_10244394.jpg


 素晴らしい景色を見ながら、清々しい空気を胸一杯に吸い込んでゆったりと4時間かけて5kmのコースを一周して、出発地のグリーンハウスまで帰ってきました。


 帰路、妙高市杉野沢の温泉施設、「苗名(なえな)の湯」で汗を流し、午後4時帰宅しました。


 今回のトレッキングコースは、地元信濃毎日新聞社刊行の「信州とその周辺 ベストトレッキング」に掲載されているものです。この本には他にもたくさんのコースが紹介されていますので、次回もまた参考にしてみたいと思います。


[PR]
by pican2008 | 2016-06-20 10:32 | 自然

ウォーキング記念日

 今朝、柴犬を散歩させていたお姉さんと朝のあいさつを交わしました。その直後、お姉さんからわたしのウォーキングフォームについて、こんな言葉をいただきました。


 「イイ姿勢ですね、きれいです」


 常日頃、ウォーキングフォームについては気を遣い、商店のガラス戸に映る姿でフォームをチェックし修正を行っていました。また、冬の雪道に残るわが足跡を振り返っては、足の運びを再確認していたので、こんな褒め言葉は本当にうれしい・・・! だから、


   ”今日は、ウォーキング記念日”



 昨日は、存命するたった一人の叔母の誕生日でした。新潟県柏崎の鮨屋で、86歳の誕生日を祝って二人でランチしました。

 地魚の握りを売りにしている店ですが、のどぐろの煮物・焼物2種なども出て、おいしく頂いてきました。


f0186275_08592707.jpg

f0186275_08593368.jpg


[PR]
by pican2008 | 2016-06-16 09:01 | エトセトラ

梅干し作り

「梅干」は信州ではなじみが薄く、わが家ではずっと、お袋が作るのは「梅漬」でした。
10年以上昔の事ですが、3年間ほど連続で「梅干」を作ってみたところ、家族に大好評でした。

その梅干も今は無く、スーパーで購入する梅干はどれも皆糖分が多く、わたしの口に合わない物ばかりです。

そこで、久しぶりに作ってみました梅干を!
まずは肝心な梅ですが、高級品の南高梅を奢りました\( •̀ω•́ )/
ほのかに色付いた南高梅はとても香しい匂いを放っています。作る前から、今年の梅干は大成功の予感です(笑)

f0186275_12441796.jpg


塩は「赤穂の天塩(あまじお)」です。梅を漬け込むビンを初め、すべての調理器具を消毒するための焼酎は甲類です。余った焼酎は飲用にするので、個人的には乙類の芋焼酎を使いたいところですが、ここは甲類でガマンです(笑)

f0186275_12441836.jpg


梅のヘタを取って、塩にまぶしてビンに漬け込む。その上に塩を振り、この作業を繰り返して、3kgの南高梅はピタリ一瓶に収まりました。

f0186275_12441873.jpg


本日の作業はここまでです。
この後、4~6週間漬け込んで梅酢が上がったら、晴天が続く日を狙って、梅を天日干しします。
その報告はまた後日です。
[PR]
by pican2008 | 2016-06-13 12:15

花も団子も!

昨日、日曜日のランチは、久しぶりに上田市の「味楽亭」で旨いカツ丼をいただきました。
税別810円。2口大程度の大きさのソースカツ丼が3枚、ご飯の上に乗っています。あらかじめソースはかけられていますが、備え付けのソースをかけると更に美味しい・・・ヽ(^^)ノ

f0186275_08251070.jpg


付け合せの野菜サラダもタップリあって、腹一杯になること請け合いです(笑)

帰路、坂城町で開催されている「ばら祭り」を鑑賞しました。

f0186275_08251037.jpg


県内の三大ばら祭りに数えられているだけあって、見応えあるものです。

f0186275_08251024.jpg


f0186275_08251165.jpg


f0186275_08251184.jpg


f0186275_08251189.jpg


美味しいものをいただき、更に美しい物を鑑賞するという、何とも欲張りな1日でした(笑)
[PR]
by pican2008 | 2016-06-13 07:57

 610()、本日のツーリングはおおざっぱに言うと、菅平~軽井沢~草津~志賀高原を巡る220kmのでっかいステージです。出発時の菅平からワインディングが連続し、草津~志賀高原では素晴らしい眺望に見とれがちになりながら信州(上州も含みますが・・・)のでっかさを実感するルートです。

 帰宅後は心地よい疲労感と達成感に浸りながら、渇いた喉をビールで潤します。


 まず訪れたのは、軽井沢から碓氷の旧道を走りきり、バイパスとの交差点近くにある「関所食堂」です。


f0186275_15283955.jpg


 何度か訪れていますが、ここのラーメンは煮干し出汁で麺は断面が楕円形のストレート麺です。お値段は450円と大変お得で、この日わたしは大盛(550)をいただきました。


f0186275_15284692.jpg


 わたしが店に入った時にはすでに10人以上のお客がいて、この店の人気ぶりがうかがわれました。古い店で、昔からずっと使い続けているらしい、業務用のでっかい白コショー缶に心が和みます()


f0186275_15285084.jpg


 昼食の後は碓氷バイパスを走って軽井沢へ戻り、今年2月の痛ましいバス転落事故現場を訪れました。事故は急坂路が終わるわずか200m手前のカーブで起こりました。現在登り登坂車線は規制されていて通行不可能です。歩いて現場まで行ってみました。献花と焼香のためにテーブルが設置されていました。


f0186275_15285885.jpg


f0186275_15290481.jpg


 地元軽井沢中学校の生徒たちの千羽鶴も奉られています。


f0186275_15291040.jpg


 事故現場は草木が生い茂っていましたが、バスが突き破ったガードレールはそのままの状態でした。


f0186275_15291565.jpg


 周辺の樹木は樹皮がはがれたり、なぎ倒されたりしています。


f0186275_15292167.jpg


 失われた若い命に、合掌・・・・・。



 その後、草津へ向かって緑のトンネルを走ります。


f0186275_15292746.jpg


 白根山へ向かう急坂なワインディング途中の休憩スポットでバイクを降りて、西側に広がる絶景を見下ろします。昔からここを通過するたびにバイクor車を降りて何度この景色を眺めたことでしょう!


f0186275_15293296.jpg


 白根山周辺は噴火危険度大のため、だいぶ以前から駐停車禁止です。したがって、大駐車場も閉鎖されていて、国道端に警備員の姿が見かけられるのみで、まったく観光客の姿はありません。


  白根山を過ぎてしばらく行くと山田峠です。ここからは北の方角に尾根づたいに道路が延び、国道最高地点の渋峠、あるいは横手山頂の電波塔などが眺められます。バイクが止まっている地点から50mほど先は左側の谷から結構強い風が吹き上げてきて、夏でも肌寒さを感じることがあります。ここはわたしのお気に入りポイントです。


f0186275_15293709.jpg


 この後、平日で通過車両の少ない志賀高原のワインディングを思い切り走り、帰宅は午後4時過ぎでした。天気に恵まれたもののさほど気温は高いと感じませんでしたが、220kmのワインディングを走りきるとさすがに喉も渇きます。

 少し前に女房が採ってきたワラビの煮物をビールの肴にして無事に終わった本日のツーリングを祝いました()


f0186275_15294280.jpg



[PR]
by pican2008 | 2016-06-12 15:38 | ツーリング

iPhoneリペアキット

昨夜女房が、OCNから「当社サービスは快適にお使いでしょうか」と言うメールが来たよ。というので、「へー、快適なの?」と聞いたら、「前と変わらない」なので、OCNはソフトバンクと同程度ではあるということになるのでしょうね!

さて、このところわたしのiPhoneはバッテリーの消耗が激しいのです。一晩充電しても、夕方には電池残量が30%を切ることたびたびです。
使い始めて一年八ヶ月ですが、毎日バッテリーを酷使してきた結果なのでしょうね。

アップルストアのWebを参考にして、消費電力を減らす工夫をしながらもうしばらくこのバッテリーを使います。
でも、万が一の事を考えて、バッテリーのリペアキットを用意しました。
f0186275_07554869.jpg

右がバッテリー、真ん中が工具セット、左はこれらが入っていた箱です。
純正品ではないので、バッテリーの持続性、工具の耐久性などは?ですが、いざと言う時のためと、バッテリー交換を自身でしてみたいという好奇心から、これを準備してみました。

後日、交換の折にはブログにアップしますね。
[PR]
by pican2008 | 2016-06-10 06:31

菅平で山野草教室

 昨日66()は地域のコミュニティーセンターが主催する「山野草教室」に参加して、菅平高原峰の原へ行ってまいりました。


 参加者は23名。そこにスタッフ9名を加え合計32名。

 まずは教室内で山野草について講師先生の説明を受けてから、峰の原スキー場リフト周辺の斜面で「食べられる野草」を探します。


f0186275_09434576.jpg


f0186275_09435214.jpg


 講師が仰るには、足元を見回すと無数に食べられる野草があるとか。でもわたしにはぜんぜん分かりません・・・。


f0186275_09435836.jpg


 本日の最高気温は28度ということですが、ここ峰の原は快適な気温です。スキー場の下方で野草を採集する人たちの姿が小さく見えます。


f0186275_09440634.jpg


 今回、参加者は班別に行動しました。わが3班は、わたしを除く3名すべてが女の子でした。四人で和気藹々と野草を採取し、リフトの下で記念撮影しました。


f0186275_09441181.jpg


 北の彼方には残雪の北アルプス連峰が望まれます。空は晴れ渡り空気は清々しく、山歩きには絶好の日和でした。


f0186275_09441720.jpg


 野草を採取した後は、調理室に集合し採ってきた野草が食べられるものなのか、あるいは毒性があるから食用としては不適なのか講師の先生が判別して下さいました。


f0186275_09442315.jpg


 これはわたしが採取してきた野草です。先生は一人で全員の物を判別されるのですから驚きました。


f0186275_09565079.jpg


 調理室の一角では、スタッフが味噌味の「すいとん」を作っていました。若いスタッフの一人は、わたしが見ている間にすいとんを3杯お替わりしましたが、こんなことなら、わざわざ弁当を持ってくる必要はなかったな・・・()


f0186275_09565632.jpg


 これがテンプラにする山野草です。班別にテンプラ用鍋が用意されていて自分たちで野草をテンプラにします。


f0186275_09570127.jpg


 これが一人分の野草のテンプラです。結構量があります。


f0186275_09570780.jpg


 3班のテーブルにテンプラが並びました。大根おろしとつけ醤油が用意されていましたが、わたしは家から持参した辛味大根おろしと天つゆで、揚げたてのテンプラをおいしく完食いたしました()


f0186275_09571115.jpg


 午後は教室内で、講師から講評やら参加者の質問などの時間が設けられました。無農薬の山野草は繊維質も多く含まれていて、これを食すると身体が若返り、食べる前と後とでは顔のしわなどはぐっと減る・・・と講師が言っていたので、きっと本当のことなのでしょう()



[PR]
by pican2008 | 2016-06-07 10:04 | 自然

格安スマホ料金 始動

先月わたしのスマホSIMカードを格安の物に替えたのに続き、昨日は女房のスマホにもOCNのSIMカードを装着して接続設定を行いました。

女房のスマホはiPhone5C 16GBで、キャリアはソフトバンクでした。これを、ブックオフで販売されていた中古のドコモ iPhone6+ 128GBに替えました。

f0186275_08353581.jpg


これまで、スマホの料金は2人で月に18,000円ほどかかっていたのが、これからは5,000~6,000円くらいになるはずです。
節約の結果については後日また報告いたしますネ。

[PR]
by pican2008 | 2016-06-06 07:59