具だくさんの振る舞いきのこ汁、いただいた!


by ぴーかん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 現在、わたしの車に装着しているタイヤは横浜のエコタイヤです。もうかれこれ5万キロ以上は走っているので、そろそろ取替時期なのです。
 昨日、行きつけのイエローハットで、店長に掘り出し物のタイヤはないものかと相談したところ・・・ありました!
 イエローハット・ブランドではありますが、製造はダンロップ社ということで、性能は折り紙付きだそうです。残り1セットとなったタイヤのサイズは、折しもわたしの車にジャスト・フィットなのです!!
 さらに嬉しいことに、年金生活者が涙するほどの破格なお値段で取り付けてくれると言うことでしたので、即結しました。

f0186275_21441077.jpg


 トレッドパターンは、ご覧のようにいかにもエコを連想させるような、きわめて平凡なパターンです。

f0186275_21441580.jpg


 でも、装着が終わって店から乗り出したとたんに、新品タイヤの良さを感じました。まずは静粛性ですが、古いタイヤに比べて格段に静かになりました。これまで感じていた路面からの突き上げが減少したため、ワンランク高級になったような印象でした(笑)。

 で、本日はこの新調したタイヤでの走りをを思う存分楽しもうと、菅平へ紅葉のドライブに出かけてみました。昨日、車で菅平を通過した女房から、紅葉がかなり進んでいると聞いていたのですが、まさにその通りでした。

f0186275_21442029.jpg


 撮影時刻は午前10時半頃でしたが、この時の気温は7℃でした。風が強くて、体感温度はさらに低く感じました。

f0186275_21442457.jpg


 上から見下ろす紅葉です。見事!! 先日の東北ドライブでこれでもかと素晴らしい紅葉を見せつけられてきましたが、それでも信州の紅葉にも感動してしまうのです(笑)。

f0186275_21443076.jpg


f0186275_21443554.jpg


 ところで新調したタイヤですが、コーナーをガンガン攻めるというタイプのタイヤではないので、ちょっときついコーナーではすぐにタイヤが鳴き始めてしまいます。コーナーに合わせていかにスムーズにかつ素早くコーナリングするかという、ドライバーの技量を発揮させなければならない、面白いタイヤというのが結論です(笑)。

f0186275_21443987.jpg

[PR]
by pican2008 | 2016-10-29 21:54 | ドライブ

こんな老後

今日は久しぶりに、市内の百々川(どどがわ)緑地公園へウォーキングに行ってきました。

f0186275_15033113.jpg


この公園は百々川(どどがわ)の両岸を整備して、マレットゴルフ場が作られています。
今日もたくさんの人たちがプレーする姿が見られました。

f0186275_15033172.jpg


その中に、1人でプレーする89歳の男性。毎日健康のために全ホールを約2時間かけて回るのだそうです。

f0186275_15033249.jpg


現在市内で一人暮らしを続けていて、毎年冬になると4ヶ月間ほど、千葉県船橋市に住む娘さんの所へ行き、二世帯住宅に住み、自炊しながら、気ままな生活を送ってくるそうです。
血圧が高い以外はいたって健康で、こんな生活を楽しんでおられます。

なるほど、こんな老後の過ごし方もあるんですね。健康であれば、他人の手を煩わせることなく生活できるということですか!

今日はこんな事を考えながら、6km、1時間のウォーキングを終えました。

[PR]
by pican2008 | 2016-10-27 14:19

東北車中泊の旅最終日

本日はいよいよ最終日です。

午前5時に道の駅を出てR49を会津坂下に向かって走っていると、間もなく牛丼の「すき家」が見えてきました。さっそく飛び込んで朝食をいただきました。

その後はR252に入りましたが、このルートはもうすっかりマイルートと化しているのです。実は、本日は金山町にある有名な豆腐屋を訪れる予定にしました。道の端にもご覧のようにはっきりと表示が出ているので、間違いようもありません。

f0186275_935487.jpg


f0186275_953652.jpg



R252からR400に入り6.5kmほど走ると、「玉梨とうふ茶屋」ありました! ただの豆腐屋かと思っていたら、ぜんぜん違いました。店内ではもちろん豆腐を販売しているのですが、これがまた力を入れて作った商品で、自信を持って販売している様子がよく分かります。

f0186275_953921.jpg



また、アイスクリームも作っているようでして、「茶屋」というだけあって「喫茶店」みたいなものかと感じました。わたしが訪れたのは午前7時でしたから、豆腐の持ち帰りはできたのですが、喫茶はできませんでした。
週末になると結構訪れる客が多そうな雰囲気の店です。

f0186275_954663.jpg



豆腐を買ったら、車の中で食べてくださいと言って、作りたてのあつあつドーナツを一ついただきました。

f0186275_955492.jpg



右手に提げている保冷ボックスが豆腐入り、左手にはいただいたドーナツです(笑)

f0186275_96562.jpg



店の近くの山ですが、ご覧のようになかなかの紅葉でしたので、シャッターを押しました。

f0186275_96958.jpg



その後、只見川に沿ってR252を走りましたが、紅葉の見所が各所にあって、一昨日同様、たびたび車を駐めてカメラのシャッターを押してしまいました。

f0186275_961799.jpg



田子倉湖を過ぎて六十里越までの道すがらでも紅葉のビューポイントは何カ所もありました。曇り空で今にも降り出しそうな状況でしたので、写真の写りは今いちですが、それでも多少なりともわたしの感動をお伝えできるのではないかと思います。

f0186275_962230.jpg


f0186275_962636.jpg



午後2時、無事帰宅しました。今回の全走行距離は1,720km。東北って広いと思っていたのですが、この距離は春に九州ドライブしたときの約半分でしかありません。
車中泊も二度経験し、だいぶ要領を覚え、日課である入浴・食事・宿泊の段取りを手際よく行えるようになりました。また、春になったら計画したいと思います。

さて、今回のドライブでわたしがお世話になったものを挙げてみますネ。
まずは、「車」と「スマートフォン」です。車は「足」、スマフォはドライブに関わるすべてについての情報源。この二つなくして今回のドライブは成立しませんでした。

その次には、コンビニです。飲み物(たまには弁当)の調達・トイレの使用と重宝この上なくコンビニを使用しました。皆さんそれぞれにコンビニにも好みがおありでしょうが、わたしの場合はセブンイレブンです。

三番目は「すき家」です。朝食・夕食で何度お世話になったことでしょう。安くてウマイ食事を全国で提供していただき、旅の友として大変重宝いたしました。ただ、今回感じたことは、東北のすき家はトイレの便座に洗浄機能がない所が多かったことが気になりました。

四番目は、「道の駅」です。全国至る所に道の駅は設置されていて、一日中トイレが使用できるため、宿泊地としてこれほど適した所はありません。

五番目には日帰りの温泉及び入浴施設です。これも全国どこにもありますから、毎日入浴して翌日の英気を養うことができます。

六番手には「コインランドリー」を挙げたいと思います。これもどこにでもあるものなんですねえ。時々洗濯をしてやることによって、携帯する着替え類の数が減り、ドライブが軽便になります。

以上、思いつくままに列挙してみましたが、今後もこれらの施設を利用して楽しい旅を企画したいと思います。
[PR]
by pican2008 | 2016-10-24 09:14 | ドライブ

東日本大震災の爪痕

今日4日目は、五年前に起きた東日本大震災の復興状況を見ながら、海岸線に沿って南下しました。

宮古・大槌・釜石・気仙沼・・・ どこもかしこも大工事が行われ大型のダンプカーがひっきりなしに走り回っているのですが、活気というより物悲しさを感じてしまいました。

f0186275_21000481.jpg


f0186275_21000561.jpg


陸前高田の奇跡の一本松や津波に襲われた庁舎棟もありましたが、周辺の工事関係者への気づかいから、写真は撮ることができませんでした。
でも、山元町の校舎は撮らせていただきましたm(._.)m

f0186275_21250436.jpg


f0186275_21250541.jpg


今回は被災地の中でも特に福島県相馬の松川浦の復興を見たいという気持ちがありました。
もう十年も前になるでしょうか?ツーリングの際に立ち寄って浜焼きを食べたことがあるのです。
店頭に並べられた名前も知らない魚を注文して焼いてもらい、店内で昼食としていただいた事が強く印象に残っているのです。

現在、松川浦は元気に復興していました。昔の面影は一切なくなりましたが、皆さんお元気です。
及ばずながら、復興の一助になればと思い、牡蠣フライ定食をいただき、お土産もしっかり買ってきました(笑)

f0186275_21250618.jpg


福島県のとある山村で、山陰の農地にバックホーが入り、ヘルメットを被った土木作業員の姿が見受けられました。

f0186275_06065123.jpg


何をしているのかと思ったら、作業道の入口にこんな看板を発見しました。
福島県ならではの情景でした!

f0186275_06065119.jpg


ここで、今回のドライブの目的はすべて果たしました。今日のうちに一気に帰宅するという考えもあったのですが、夕方頃に見た磐梯山の紅葉が素晴らしいので、ふと福島新潟県境の六十里越の紅葉のことが頭をよぎりました。
で、本日もう一泊して明日の午前中に六十里越の紅葉を見てみることにしました。

ということで、今夜は 「道の駅 あいづ湯川・会津坂下」に泊まっています。
夕食は、もちろん「喜多方ラーメン」でした(笑)

f0186275_21250677.jpg



[PR]
by pican2008 | 2016-10-22 20:39
本日の紅葉は、まず弘前から十和田湖に向かう道すがらのものです。
昨日同様、何度も車を降りてシャッターを押してしまいました(><)

f0186275_21562644.jpg


f0186275_21562852.jpg


八幡平を走行中にもそれは同様でした。

f0186275_21562966.jpg


切りがないので、十和田湖をご紹介します。

f0186275_21562989.jpg


f0186275_21563073.jpg


そして、本日のメーンイベントは奥入瀬渓流トレッキングです。
渓流の最上流、つまり十和田湖ですが、ここのバス停 子の口(ねのくち)のそばの無料駐車場に車を置いて、バスで下流の石ケ戸まで移動して、渓流に沿って登ってくるのです。

f0186275_21563114.jpg


ルートはほぼ平坦と言っても良いぐらいでしたが、ここでも際限もなくカメラのシャッターを押してばかりでしたので、結局、総延長8km強のトレッキングに4時間もかかってしまいました(꒦໊ྀʚ꒦໊ི )

f0186275_21563277.jpg


それでも紅葉の下、清澄な水の流れと共に歩いたこのトレッキングはこの先思い出深い記憶になることと思います。

f0186275_21563351.jpg


f0186275_21563450.jpg


午後1時、車を止めておいた子の口まで戻ってきました。
身体が冷えていたので、駐車場前の食堂で、熱々の稲庭うどんをいただきました。この時ほど稲庭うどんを美味いと思ったことはありませんでした(笑)

f0186275_21563556.jpg


1時間ほど前に、今夜の宿泊地である、道の駅 みなとオアシスみやこシートピアなあど に到着しました。
奥入瀬渓流トレッキングに時間がかかり過ぎたのでこんな遅くになったのですが、既に食事と入浴は済ませてきたので、ベッドメイキングをして、ブログを書くだけです。
今日はちょっと疲れているので早めに寝ることにしますネ。
では、お休みなさい\( •̀ω•́ )/
[PR]
by pican2008 | 2016-10-21 21:23

東北に、参ったm(._.)m

東北二日目は、まずは早朝の鳥海ブルーラインをご紹介します。
昨日の宿泊地である酒田市から東にある鳥海山を目指しました。この山のことは何も知らないので、紅葉についてもさほど期待はしていなかったのですが、これが大きな嬉しい誤算となりました\( •̀ω•́ )/
ブルーラインの登り始めこそ、針葉樹に囲まれたルートでしたが、間もなく紅葉が出現し始めました。

f0186275_22121242.jpg


高度が上がるに従って、紅葉はどんどんすばらしいものになって行きます。
あいにく山頂を一望できるような場所が見つからなかったので、写真には納められませんでしたが、コーナーを回り込む時にチラリと垣間見える紅葉は胸に迫るものがありました。

f0186275_22121386.jpg


f0186275_22122006.jpg


峠を下り始めると、眼下に日本海と象潟の町が広がっています。

f0186275_22122071.jpg


秋田県にかほ市でR7に出て、道の駅象潟に立ち寄りました。ここで熊本市のナンバーを着けた原付一種を発見! アルミの片手鍋なども積載しているのですが、熊本から来たにしてはあまりに荷物が少なすぎることに驚きました。

f0186275_22122169.jpg


更に反対側に回って見ると、バイクの手入れの悪さに二度驚かされてしまいました。
う~ん、このバイクのオーナーは決してライダーなどではなく、下駄がわりにバイクを使用している、ただの「おっさん」なのではないでしょうか?!

f0186275_22122155.jpg


今回の東北ドライブ一番の目的地である白神山地には昼頃に到着しました。秋田県側から入り込みましたが、道路の状況は本当に悪いものでした。でも、紅葉は素晴らしい・・・・・・!!!

f0186275_22122225.jpg


山々はほぼ広葉樹に覆い尽くされているようで、正に「全山紅葉」なのです。

f0186275_22122321.jpg


アクアグリーンビレッジANMONに車を停めて、ブナ樹林の散策路を歩きました。

f0186275_22122467.jpg


f0186275_22122431.jpg


ブナの実を食べるために熊が登った痕跡がブナの樹肌に残されていました。こんな木があちらこちらにあります(꒦໊ྀʚ꒦໊ི )

ここまでで写真のアップが容量を超えてしまいました。

青森県弘前市内で入浴と夕食を済ませてから、コインランドリーを探して市内を右往左往しましたが、何とか洗濯することができました。

午後8時半に、今夜の宿泊地である弘前市の「道の駅 いかりがせき」に入りました。
歯を磨き、ベッドメイキングを終えてからこのブログを書いています。

では、そろそろ就寝いたします。皆さま、お休みなさい(*゚▽゚)ノ
[PR]
by pican2008 | 2016-10-20 21:20

車中泊ドライブ in automn

春の九州に続きまして、車中泊ドライブ第2弾は東北と決め、ただ今、山形県は酒田市にある道の駅に来ています。

f0186275_20431131.jpg


ここへ来るまでにいくつも道の駅はあったのですが、どこも一夜を過ごすには「寂しすぎる」のです。
しかし、さすがは酒田市ですね。駐車場には結構宿泊の車両が見られます。これなら安心ということで、さっそく歯磨きを済ませてから、車の戸締り&目隠しをして、このブログを書いています\( •̀ω•́ )/

午後三時ごろ、新潟県村上市の笹川流れに到着しましたが、見ものである「日本海の夕日」にはちょっと早すぎました。

f0186275_20431252.jpg


新潟県最北の地で早めに温泉に入り、その後、今夜の宿泊地である酒田市の道の駅鳥海を目指しました。

f0186275_20431231.jpg


f0186275_20431307.jpg


明日は、朝から「鳥海ブルーライン」を走り、秋田県の白神山地へ向かいます。

今回は、LED球3個を備えた室内灯を準備してあるので、夜の車内で読書もできますから、快適な車中泊になることでしょう。

それでは、これからちょっと本を読んでから寝ることにします。
[PR]
by pican2008 | 2016-10-19 20:15

大洗町でうまい寿司

女房もわたしも、それぞれが昔一度だけ口にしたことのある「生鯖寿司」の美味さを忘れられずにいます。
いつか2人で生鯖寿司を食べる、と言うのがわたしたちの強い思いなのです。

調べてみると、鯖の水揚げ量日本一は、茨城県の大洗町だということがわかりました。これまで、鯖と言うと日本海のイメージが強かったので、太平洋側の大洗町とは意外でした。

太平洋への憧れも強いものがあるので、さっそく昨日大洗町まで行ってまいりました。
町内にはたくさんの寿司店、料理店がありますが、「ちゅう心」と言う店の評価が高かったので、ここに予約を入れました。

f0186275_19411610.jpg


午前11時30分の開店直後に入店し、寿司八貫盛りを注文しました。
食べる前に握りの説明を受けましたが、どんな魚をいただいたのか、ほとんど忘れてしまいました。
が、八貫全てが「うまい!」もので、締めてお値段は2800円也ですが、満足の一皿でした!

f0186275_19411661.jpg


食後は大洗港周辺の店を見て回りました。信州では絶対にお目にかかれない浜焼きの店は満員で、活気が溢れていました。

f0186275_19411701.jpg


大洗名物と謳ったアンコウ汁(350円)があったので、一杯いただきました。

f0186275_19411858.jpg


雨にも関わらず、飲食店街はおおぜいのお客で賑わい、さすが大洗と言う風情でした。
日本全国にこの活気を広めたいものです。

女房が車中泊に関心を持ち、昨日は二人で泊まるべく、準備は整えてあったのですが、雨が降り続く模様だったので、予定を変更し日帰りドライブで帰ってまいりました。

帰宅は午後8時半。往復下道の走行距離は540km。

[PR]
by pican2008 | 2016-10-09 18:02
 10月7日(金)、本日は久しぶりにつかの間の晴天に恵まれました。先月以来天候は不順で、なかなかトレッキングを行うチャンスがありませんでしたが、この日ばかりは、何をさておいてもトレッキングしないことには後悔するぞ、という思いにとりつかれ、新潟県十日町市の大厳寺(だいごんじ)高原へ行ってまいりました。

 登り始めはいきなり丸太階段が続き、その後の連続する上り坂を連想させましたが、春から夏の頃に比べわたしの体力が増強されたためか、簡単に登りを攻略することができました(^_^)v

f0186275_10552412.jpg



 大厳寺高原はブナの多い美しい林間路です。前途に1本のブナの木が現れたので、さっそくブナの精気を吸い取ってみました。

f0186275_10553032.jpg



 ではなくて、ブナの幹にたくさんのキノコが階段上に生えていたので、これに見入ってしまったのです。一見したところ食用に適しているように見えるキノコですが、素人は手を出さない方が無難でしょう。

f0186275_10553455.jpg



 行く手に、まるで「わたしに登ってくれ」と言わんばかりのブナの木を発見したので、荷物を降ろし木の股になったところに腰掛けてみました。樹皮に耳を充てると樹木の声が聞こえると以前どこかで聞いたことがあるのを思い出し、ブナの木に耳を押しつけてみましたが、ブナは何も語ってはくれませんでした。

f0186275_10553992.jpg



 先日TVのニュースで、志賀高原の紅葉を報じていました。ここ大厳寺高原はわずかにナナカマドとヤマウルシが色づいているにすぎません。

f0186275_10554391.jpg



 大展望台に到着しました。360度のパノラマ展望です。風は涼しく、陽射しはポカポカ。最高のトレッキング日和です。

f0186275_10554619.jpg



 ブナ林の道を下ります。これまで数多くトレッキングをしてきましたが、ブナのような落葉広葉樹林が一番好きです。

f0186275_10555061.jpg



 トンボが木製表示板の上で羽を休めていました。このあたりにはまだ赤とんぼは見当たりません。

f0186275_10555447.jpg



 頭上を覆う銀杏の木でしょうか。青空と対比してみると、色づきの程度がよくわかります。

f0186275_10555782.jpg



 ここでお昼にします。コンビニで買ってきたチキンコッペです。バック右に見えるのは改築された不動社です。

f0186275_1056028.jpg



 全歩行距離=5.8km、歩行時間=3.5時間、歩行数=10,000歩のウォーキングを終了した後は、以前から一度入ってみたいと思っていた。小さな温泉町、松之山温泉の鷹の湯で汗を流します。鄙びた温泉街がとってもいい雰囲気です。

f0186275_1056382.jpg



 さぁ、これからますます秋は深まっていきます。次回はどこを目指そうかな?

 
[PR]
by pican2008 | 2016-10-09 11:02 | 自然

紅葉調査ツーリング

 昨日は、志賀高原へ「紅葉進捗度視察ツーリング」に行ってまいりました(笑)。

 志賀高原一番の紅葉撮影ポイントには、数人のライダーはじめ10人ばかりの観光客がいましたが、紅葉は始まったばかりという程度でした。

f0186275_1063252.jpg



 一ノ瀬スキー場へ向かう途中の様子です。落葉樹の一部が黄色みを帯び始めたというところでしょうか。

f0186275_1063790.jpg



f0186275_106404.jpg



f0186275_106433.jpg



 一ノ瀬スキー場です。山肌が全般に緑から黄色へと変化し始めました。

f0186275_1065356.jpg



 奥志賀から秋山郷を目指してK502を進むとチラホラと真っ赤な紅葉が現れ始めます。

f0186275_1065794.jpg



 この日はサイクリングイベントが行われていて、多数のサイクリストに会いましたが、時にはライダーも走り去っていきます。

f0186275_107148.jpg



 小さな滝の前で記念撮影です。

f0186275_107674.jpg



 秋山郷からR405で新潟県津南町へ入ると、そろそろ空腹感を覚えてきました。午後2時、路傍の食事処「大平」で遅い食事をいただきました。
 豆腐ステーキ1,100円です。豆腐ステーキ・ご飯・野菜サラダ・漬け物・きのこ汁・フキ&キノコ&ニンジンの和え物 がセットになっています。

f0186275_1071147.jpg



 メインの豆腐ステーキは玉子が敷かれた上に豆腐が乗っていて、運ばれてきたときには熱々の鉄板の上でジュージューと音をたてていました。豆腐の上には長ネギの細切り。トッピングは鰹節です。
 ヘルシーで70歳目前のわたしには最適なランチかと思います(笑)。

f0186275_107186.jpg



 帰宅は午後4時、走行距離=180km。原付2種スクーターでのツーリングは、アクセル全開が多いことと振動が多いので、心身共に本当に疲れます。でも、シャッターチャンスが多いので、楽しいツーリングでもありますけれどネ(^_^)v
[PR]
by pican2008 | 2016-10-03 10:13 | ツーリング